Back

ⓘ 重家俊範. 重家 俊範 (しげいえ としのり、1945年6月3日 - )は、日本の外交官。中東アフリカ局長や、在大韓民国特命全権大使等を歴任した。 ..




                                     

ⓘ 重家俊範

重家 俊範 (しげいえ としのり、1945年6月3日 - )は、日本の外交官。中東アフリカ局長や、在大韓民国特命全権大使等を歴任した。

                                     

1. 人物

広島県現東広島市出身。修道中学校・修道高等学校を経て、1969年に一橋大学経済学部を卒業。大学では国際部で英語劇を行った。1969年外務省入省。同期入省には谷内正太郎(外務事務次官)、田中均(外務審議官)、藤崎一郎(駐米大使)、飯村豊(駐フランス大使)、宮本雄二(駐中国大使)、天木直人(駐レバノン大使等)がいる。温和で紳士的な人柄と評される。

いわゆるアメリカン・スクール出身で、その後も北米局安全保障課長、米ハーバード大学国際問題研究所フェロー、国際連合日本代表部公使、在アメリカ合衆国大使館特命全権公使等を歴任し、アメリカ合衆国行政府内の人物との関係を築いた。その後2006年には沖縄担当特命全権大使に就任し、在日米軍再編問題に取り組み、在日米軍普天間飛行場のヘリコプター飛行経路の再検討の日米合意等を実現した。2007年に駐韓大使に就任する以前のアジア勤務は書記官としてマレーシアでのものが唯一だった。

2001年イスラエル政府のエルサレムでのテロに対する報復措置について、中東アフリカ局長としてリオール在京イスラエル大使に対し、「かかる措置は、イスラエル・パレスチナ両当事者の間の憎しみの悪循環を断ち切るのに何ら資することはなく、わが国として懸念を表明せざるを得ない。かかる措置が早急に解除されることを期待する。」との申し入れをした。

2002年3月、アフガニスタン復興支援会議への非政府組織(NGO)参加拒否問題などを理由に小町恭士(外務省大臣官房長)とともに中東アフリカ局長を更迭され官房付となる。

官房付の間は他の職員たちと机を並べさせるわけにもいかず審議官室が使用され、同室は「重家さんの部屋」と呼ばれていた。同時期に更迭され官房付になっていた野上義二(元事務次官)も北米局の倉庫を改造した個室、小町恭士(元官房長)は官房の会議室を改造した個室をそれぞれ使用していた。

その後、2002年5月13日日本国際問題研究所に主任研究員として出向。局長以上の経験者がこのポストに就くのは初めてで、事実上の降格人事とみられたが、翌2003年からは在南アフリカ共和国特命全権大使。

2007年には在大韓民国特命全権大使に就任。

2007年12月20日に新しく大韓民国の大統領に就任した李明博とハンナラ党本部で会談し、福田康夫(内閣総理大臣)、高村正彦(外務大臣)からの祝賀メッセージを伝えた。これに対し李(大統領)は新しい両国関係の構築や北朝鮮問題での協力強化について述べた。

2008年に、日本が中学校社会科の学習指導要領解説に「我が国と韓国の間に竹島をめぐって主張に相違があることなどにも触れ」と、初めて竹島に関する文言を導入したことを受け、柳明桓(外交通商部長官)から外交部庁舎に呼び出され、抗議を受けた。

2010年7月7日、駐韓国大使退任直前にソウル市で行われた講演中、突如駆け寄ってきた「独島奪還」を主張する50歳の韓国人の男金基宗(キム・ギジョン、ko:김기종)から、直径10センチ大のセメント彫刻2つを投げつけられた。重家はとっさに演壇に身を隠すなどしてかわしたものの、同席していた一等書記官の女性が直撃を受け、手を負傷して病院に搬送された。事件後に柳明桓外交通商部長官から謝罪の電話を受けた。当局に拘束されたのちも「あいつを殺せ」などと叫んで暴れた男は、同年8月30日、ソウル中央地方裁判所にて求刑懲役4年に対し懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けている。なお、この男は、2015年3月にもマーク・リッパート駐韓米国大使をナイフで襲撃し、顔や左手首を切りつけて大ケガを負わせるテロ事件(リッパート駐韓大使襲撃事件)を起こした。

                                     

2. 略歴

  • 2010年8月 - 退官
  • 2001年 - 外務省中東アフリカ局長
  • 2015年5月 - 一般社団法人霞関会理事長
  • 2020年4月 - 瑞宝重光章受章
  • 1969年 - 一橋大学経済学部卒業、外務省入省
  • 1990年 - ハーバード大学国際問題研究所(CFIA)フェロー(在アメリカ合衆国日本大使館参事官)
  • 1945年 - 広島県生まれ
  • 1965年 - 修道高等学校卒業(17回)
  • 2006年 - 特命全権大使沖縄担当
  • 2000年 - 在アメリカ合衆国特命全権公使
  • 1984年 - 外務省欧亜局大洋州課長
  • 2011年4月 - 同志社大学法学部客員教授
  • 二年間の英語研修米国を経て、本省ではアメリカ局北米第二課、条約局国際協定課に勤務。在外では米国、マレーシア、イギリスで大使館勤務。
  • 1991年 - 国際連合日本政府代表部参事官
  • 1995年 - 外務省大臣官房審議官(経済局担当)
  • 1986年 - 後藤田正晴内閣官房長官秘書官
  • 1988年 - 外務省北米局安全保障課長
  • 2003年 - 在南アフリカ共和国兼ボツワナ兼レソト兼ナミビア兼スワジランド特命全権大使
  • 1992年 - 国際連合日本政府代表部公使
  • 1997年 - 在アメリカ合衆国日本国大使館公使
  • 2012年 - 特定非営利活動法人日中産学官交流機構副理事長、東レ顧問
  • 1987年 - 小渕恵三内閣官房長官秘書官
  • 1993年 - 外務省大臣官房外務参事官(中近東アフリカ局担当)
  • 1995年 - 外務省大臣官房審議官(中近東アフリカ局担当)
  • 2007年9月 - 大韓民国駐箚特命全権大使
  • 2002年 - 日本国際問題研究所主任研究員(所長代理)
                                     

3. 論文

  • 「 自由化へ向けて動き出したAPEC(特集 APECフィリピン会合の成果)」(日下一正、近藤剛他と共著) 時の動き. 411、1997年1月)
  • 「現下の中東情勢と米国同時多発テロ」(世界経済評論. 4512(通号 556)、2001年12月)
  • 「論苑--最近の日本を取りまく外交・経済問題--世界貿易機構WTOの動向」(日本貿易会月報(通号 519)、1996年10月)
  • 「大使のおすすめ 日本でも買える「南ア・ワイン」」(外交. 212(通号 120)、2006年Win.)
  • 「APECフィリピン会議の成果と日本〔含 質疑応答〕」(世界経済評論. 412、1997年2月)
                                     
  • 2007年から2010年まで国連大使 東京大学法学部第二類中退 1969年外務省に入省する 同期入省に谷内正太郎 田中均 天木直人 重家俊範 など 1981年国際連合日本代表部参事官としてニューヨークに赴任する 1988年本省に戻り欧亜局西欧第二課長 1989年国際連合局国連政策課長
  • された しかし 田中外相と小町官房長の間もうまくいかず 2002年3月 アフガニスタン復興支援会議への非政府組織 NGO 参加拒否問題などを理由に 重家俊範 外務省中東アフリカ局長とともに官房長を更迭され官房付となった 官房付の間は他の職員たちと机を並べさせるわけにもいかず 官房の会議室を改造した個室を使用していた
  • 験合格に合格し 大学を卒業した1969年に外務省入省 同期には 谷内正太郎 田中均 今井正 財団法人交流協会台北事務所長 国際情報局長 飯村豊 重家俊範 堀村隆彦 駐ブラジル大使 中南米局長 藤崎一郎 駐米大使 外務審議官 北米局長 など 1978年国際連合日本政府代表部一等書記官 1981年
  • 田中均 東京大学公共政策大学院客員教授 外務審議官政務担当 高須幸雄 国連大使 国際社会協力部長 藤崎一郎 駐米大使 外務審議官 宮本雄二 駐中国大使 中国課長 重家俊範 駐韓大使 中東アフリカ局長 小町恭士 駐タイ大使 駐オランダ大使 官房長 欧州局長 飯村豊 駐仏大使 経済協力局長
  • 鈴木敏郎 2008年 2010年 奥田紀宏 2006年 2008年 吉川元偉 2004 2006年 堂道秀明 2003 2004年 安藤裕康 2002年 2004年 重家俊範 2001年 2002年 中近東アフリカ局長 榎泰邦 2000年 2001年 中近東アフリカ局長 天江喜七郎 1998年 2000年 中近東アフリカ局長
  • 野坂康夫 鳥取県米子市長 文部省審議官 谷内正太郎 外務事務次官 高須幸雄 国連大使 国際社会協力部長 藤崎一郎 駐米大使 外務審議官 宮本雄二 駐中国大使 中国課長 重家俊範 駐韓大使 中東アフリカ局長 小町恭士 駐タイ大使 駐オランダ大使 官房長 欧州局長 飯村豊 駐仏大使 経済協力局長 今井正 沖縄大使 駐マレーシア大使 国際情報局長
  • 日朝国交正常化推進議員連盟副会長 グローバルビジネス戦略総合研究所代表取締役社長 国立追悼施設を考える会所属議員 入省同期に谷内正太郎 田中均 重家俊範 天木直人などがいる 公明 特別顧問に坂口 遠藤両氏 執行部は留任 日本経済新聞 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答 第126回国会
  • 東京教育大附属駒場高校 のち筑波大駒場高 を経て 東京大学教養学部に入学するも 外交官試験合格で4年次に中退 1969年外務省入省 同期に谷内正太郎 田中均 遠藤乙彦 重家俊範 小町恭士 駐蘭大使 官房長 堀村隆彦 駐墨大使 中南米局長 松井靖夫 駐コスタリカ大使 高橋恒一 国連行財政改革担当大使 など
  • ハイクなどしながら貧乏旅行をした 映画監督 長谷川和彦は高校 大学の同級生 1969年4月 外務省入省 同期は20人だった 同期には谷内正太郎 重家俊範 天木直人などがいる 最初の3ヶ月間は 外務省研修所などで研修を受けた 1970年6月末 同期6人は 語学研修のためアメリカに渡った 7月と8月は
  • 小窪千早 研究員 - 静岡県立大学国際関係学部講師 斎木尚子 副所長 - 外務省研修所長 外務省国際法局長 佐藤行雄 副会長 - 国連大使 外務省北米局長 重家俊範 所長代理 - 駐大韓民国特命全権大使 外務省中東アフリカ局長 杉本信行 主任研究員 - 上海総領事 須藤隆也 軍縮 不拡散促進センター所長
  • ko: 김기종 55歳とされ 2010年7月に当時日本の駐韓国大使であった 重家俊範 に投石し 同席の在大韓民国日本国大使館一等書記官の女性を負傷させたものの 懲役2年 執行猶予3年の有罪判決に留まり収監されなかった人物とされる 重家 大使への投石事件で実刑判決が出されていれば リッパート駐韓国大使への襲撃を防げたとの指摘もある

Users also searched:

...