Back

ⓘ 重村力. 重村 力 (しげむら つとむ、1946年-)は、日本の建築家。都市研究家。神奈川大学工学部教授、神戸大学名誉教授、九州大学客員教授。1997年より、アメリカ建築家 ..




                                     

ⓘ 重村力

重村 力 (しげむら つとむ、1946年-)は、日本の建築家。都市研究家。神奈川大学工学部教授、神戸大学名誉教授、九州大学客員教授。1997年より、アメリカ建築家協会特別名誉会員。

                                     

1. 人物

1946年神奈川県横浜市生まれ。1969年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。早稲田大学大学院博士課程単位修得。1971年、大竹康市らと象設計集団設立に参加。1978年、神戸大学工学部環境計画学科講師に就任、同年神戸にアトリエ系建築設計事務所「TeamZooいるか設計集団」を設立。現在同事務所顧問。

沖縄県北部における一連の都市・環境デザインで、日本都市計画学会石川賞を受賞。長年日本建築学会農村計画部会・集落計画部会の主査等をつとめる。

2012年日本建築学会賞を「コミュニティ研究に立脚した災害復興の方法に関する研究」にて受賞。

                                     

2. 主な著書

  • いるか設計集団 Since1978 建築ジャーナル別冊 (いるか設計集団著)
  • 集落空間計画(共著)
  • 参加と複合(訳書)
  • まちづくりの新しい視点をさぐる用語(監修・共著)
  • 地井昭夫『漁師はなぜ、海を向いて住むのか?』共編・解説 工作舎 2012 ISBN 978-4-87502-446-0
  • 地域主義―新しい思潮への理論と実践の試み 学陽書房(共著)
  • 図説集落 -その空間と計画 都市文化社(編著)
  • 集住の知恵(共著)
  • ブルーノ・タウト(共著)
                                     

3. 作品

  • 出石町立弘道小学校 - 1994年アジア建築家会議金賞
  • 緒方町立緒方中学校 - 2004年日本建築学会作品選奨
  • 脇町立図書館 - 1987年吉田五十八賞受賞
  • 新風水都市なら 1994年
  • 鳴尾のタウンハウス 2002年
  • 出石町ひぼこホール - 1997年日本建築学会作品選奨
  • クリエイティブTOWN岡山C・T・O参加プロジェクト 倉敷市立玉島北中学校
  • 城崎町営内島団地 1990年
  • 倉敷市立玉島北中学校 1997年文教施設協会会長賞
  • 井上医院デイケアセンター 2005年
                                     

4. 外部リンク

  • いるか設計集団
  • 神戸大学山崎研究室
  • 神奈川大学重村・三笠研究室
                                     
  • 阪府生まれ 夫は建築家で象設計集団をともに設立した 重村力 大阪市立大学を卒業後 神戸大学大学院修士課程修了 神戸大学では建築史の向井正也研究室に在籍した 在籍時の向井研には毛綱毅曠 末吉栄三がいた 1971年 大竹康市 樋口裕康 富田玲子 重村力 象設計集団設立メンバー
  • 象設計集団 ぞう せっけいしゅうだん は 日本の建築家集団である 1971年に 吉阪隆正の下にいた大竹康市と樋口裕康 富田玲子 重村力 有村桂子の5名によって発足された 代表作品には 日本建築学会賞を受賞した沖縄県の名護市庁舎がある 事務所の所在地 麹町のマンション 1971年 - 1972年
  • 呉服神社 学校法人室町幼稚園 室町住宅 池田市立図書館 計画的住宅地の環境単位とその長期的変容 池田市室町を対象に その1 2 三笠友洋 重村力 ほか 日本建築学会大会学術講演梗概集 2004 明治43年分譲の阪急池田室町住宅地と住宅について. 吉田 高子
  • 以前は別の場所にあったが 校舎老朽化のため 平成8年4月に移転新築し 近代的なインテリジェントスクールとして現在地に開校した 本校の校舎は 神戸大学教授 当時 の 重村力 を筆頭とする いるか設計集団 により設計され 特徴的な形をした校舎になっている いままでの慣行にとらわれない 個性的で豊かな学校 生徒が喜んで学習できる質の高い学校
  • ラ パスの肖像 樺山紘一編 賀集セリーナ, 富永茂樹共著 刀水書房 刀水歴史全書 1981 市街地整備の人間的方法 故藤井治君追悼論文集 延藤安弘 重村力 田端修 金澤成保共編 関西情報センター 1985 景観からのまちづくり 編 学芸出版社 1989 商都のコスモロジー 大阪の空間文化 橋爪紳也共編著
  • Tokyo 1977 79年 大竹十一 渡邊洋治 戸沼幸市 - 早稲田大学教授 大竹康市 - 象設計集団 樋口裕康 - 象設計集団 富田玲子 - 象設計集団 重村力 - 象設計集団 神戸大学名誉教授 有村桂子 - 象設計集団 地井昭夫 - 漁村研究者 地域計画家 建築家  漁師はなぜ 海を向いて住むのか ISBN
  • ギャラリーをもつ家 雪囲いのある家 林雅子 関連美術の部 - 該当作なし 1987年 第12回 建築の部 - 該当作なし 建築の部佳作賞 - 目神山の家8 石井修 脇町立図書館 重村力 小布施町修景計画 宮本忠長 関連美術の部 - 該当作なし 特別賞 - 吉田義男 1988年 第13回 建築の部 - K邸 安藤忠雄 関連美術の部
  • 力 えいりき 家格は一族 近習 申次兼祭祀奉行 小姓頭 奉行と進む 生家の坂氏は元来 佐賀氏で後に坂氏に改姓 本姓藤原氏 坂信之 正三郎 の娘 信子 与世 が伊達宗村の側室となり 伊達 重村 の生母となった縁もあり 延享2年 1745年 に120石 同4年 1747年 に家格召出家に進み 重村
  • と言われる 甲斐系図 武本の子の武村 またはその子の 重村 は 後難を恐れて甲斐都留郡に逃れて住んだ 甲斐系図 これが後に甲斐氏を称した由来である 重村 は南北朝初期から足利尊氏に従って 肥後守護にするとの口約束を受けた 喜んだ 重村 は 家号を 甲斐 と改め 延元3年 1338年 九州に下
  • 大森輝作 ベース 2年目より 重村 正臣 ドラム 2年目より 矢吹卓 キーボード 最終回のみ 1年目は みんなの広場だ わんパーク と同じく後藤 御供 佐治 宮崎の4人体制であったが メンバーの番組外での活動の増大に伴い2年目より 後藤 佐治 大森 宮崎と石川 御供 重村

Users also searched:

...