Back

ⓘ 重村智計. 重村 智計 (しげむら としみつ、1945年9月 30日 - )は、日本の学者・ジャーナリスト、東京通信大学教授、早稲田大学名誉教授、延世大学客員教授、同徳女子大学 ..




                                     

ⓘ 重村智計

重村 智計 (しげむら としみつ、1945年9月 30日 - )は、日本の学者・ジャーナリスト、東京通信大学教授、早稲田大学名誉教授、延世大学客員教授、同徳女子大学客員教授、毎日新聞客員編集委員。 日本ニュース時事能力検定協会理事 。

元毎日新聞社記者。 2000年(平成12年)に 同社退職後は大学に移り、2004年(平成16年)より2016年(平成28年)まで早稲田大学国際教養学部教授。朝鮮半島情勢を主な専門分野とし、北朝鮮問題に関する分析を行う。関連の著書やテレビ出演もある。

                                     

1. 略歴

  • 1945年 中国遼寧省丹東で出生。
  • 2018年 東京通信大学教授(現職 )。
  • 1969年 桐朋高等学校を経て早稲田大学法学部法律学科卒業、シェル石油(現昭和シェル石油)に入社。
  • 2000年 毎日新聞社を退社 、拓殖大学国際開発学部教授( - 2004年)。
  • 1975年 韓国高麗大学校大学院研究生( - 1976年)。
  • 2004年 早稲田大学国際教養学部教授( -2016年3月)。
  • 1971年 毎日新聞社に入社。
  • 1985年 米国スタンフォード大学研究員( - 1986年)。
  • 1994年 毎日新聞論説委員( - 2000年)。
  • 1979年 ソウル特派員( - 1985年)。
  • 1989年 ワシントン特派員( - 1994年)。
                                     

2. 人物

  • 下川正晴は、1980年代以降の日本における、現実ウオッチングに基づくコリア報道の先駆者として、産経新聞の黒田勝弘と共に重村を挙げている。
  • 南北朝鮮について、「私は、普通の韓国人と朝鮮人が好きだ。韓国人記者には、新聞記者の信念と取材方法を教えてもらった。権力欲を持たず工作活動に従事しない韓国人と朝鮮人は、素朴で正直で素敵な人たちだった。韓国と北朝鮮には、尊敬すべき一流の人間がいる。日本では政治家から暴力団まで二、三流の人間が、南北朝鮮に関わりすぎる。韓国の一流の人間が、日本の二流、三流の人間を相手にする現実は、構造的な悲劇である。工作と運動、詐欺師ウソつきが絶えず、尊敬できない政治家や学者、宗教家が工作や運動に協力し、「拉致はない」とウソをついた。現代史を知る一流の日本人と、一流の韓国・朝鮮人との付き合いが大切だ」と語っている。
  • 2002年(平成14年)及び2009年(平成21年)に、北朝鮮による日本人拉致問題解決を求める意見広告をニューヨーク・タイムズや韓国大手紙に掲載した「意見広告7人の会」呼びかけ人の1人である(残りの6人は有田芳生、勝谷誠彦、加藤哲郎、高世仁、日垣隆、湯川れい子)。
                                     

3.1. 著作 単著

  • 『韓国がわかる最新ソウル語情報』講談社、1988年8月。 ISBN 4-06-203970-2。
  • 『韓国人はほんとに日本人が嫌いか』講談社、1987年12月。ISBN 4-06-203250-3。
  • 『朝鮮病と韓国病 「差別」問題のタブーを明かす』光文社〈カッパ・ブックス〉、1997年3月。 ISBN 4-334-00581-0。
  • 『最新・北朝鮮データブック 先軍政治、工作から核開発、ポスト金正日まで』講談社〈講談社現代新書〉、2002年11月。 ISBN 4-06-149636-0。 - 『北朝鮮データブック』の改訂。
  • 『北朝鮮データブック』講談社〈講談社現代新書〉、1997年6月。 ISBN 4-06-149359-0。 - 年表あり。
  • 『金正日とビンラディン』小学館〈小学館文庫〉、2002年3月。 ISBN 4-09-402646-0。
  • 『朝鮮半島「核」外交 北朝鮮の戦術と経済力』講談社〈講談社現代新書〉、2006年12月。 ISBN 4-06-149869-X。
  • 『外交敗北 日朝首脳会談と日米同盟の真実』講談社、2006年6月。 ISBN 4-06-213505-1。
  • 『北朝鮮はなぜ潰れないのか』ベストセラーズ〈ベスト新書〉、2007年7月。 ISBN 978-4-584-12157-3。
  • 『「今の韓国・北朝鮮」がわかる本』三笠書房〈知的生きかた文庫 し37-3〉、2011年6月、最新版。 ISBN 978-4-8379-7943-2。 - 年表・索引あり。
  • 『「今の韓国・北朝鮮」がわかる本 本当はヤバイ韓国経済!世界の最貧国北朝鮮の実体!』三笠書房〈知的生きかた文庫〉、2007年11月。 ISBN 978-4-8379-7673-8。 - 年表あり。
  • 『南北統一』小学館〈小学館文庫 21世紀論点シリーズ 9〉、2000年9月。 ISBN 4-09-404007-2。
  • 『日米文明の衝突 病人同士は憎み合う』光文社〈カッパ・ブックス〉、1999年3月。 ISBN 4-334-00645-0。
  • 『韓国ほど大切な国はない』東洋経済新報社、1998年11月。 ISBN 4-492-21107-1。
  • 『北朝鮮の外交戦略』講談社〈講談社現代新書〉、2000年11月。 ISBN 4-06-149526-7。
  • 『金正恩 謎だらけの指導者』ベストセラーズ〈ベスト新書 = BEST SHINSHO 366〉、2012年2月。 ISBN 978-4-584-12366-9。
  • 『金正日の後継者』ベストセラーズ〈ベスト新書 232〉、2009年6月。 ISBN 978-4-584-12232-7。 - 並列シリーズ名: Best shinsho 。
  • 『なるほどよくわかる北朝鮮の真実 国際問題としての朝鮮問題』日本文芸社、2011年8月。 ISBN 978-4-537-25860-8。 - 著作目録あり。
  • 『激動!!北朝鮮・韓国そして日本 歴史的必然と日本の選択』実業之日本社、2013年5月。 ISBN 978-4-408-10994-7。 - 文献・年表あり。
  • 『金正恩が消える日』朝日新聞出版〈朝日新書 352〉、2012年6月。 ISBN 978-4-02-273100-5。
  • 『韓国の品格』三笠書房、2008年5月。 ISBN 978-4-8379-2272-8。 - 年表あり。
  • 『金正日の正体』講談社〈講談社現代新書〉、2008年8月。 ISBN 978-4-06-287953-8。 - 年表あり。
  • 『「金正日(キムジョンイル)」後の北朝鮮』三笠書房〈知的生きかた文庫 し37-2〉、2009年11月。 ISBN 978-4-8379-7825-1。 - 索引あり。


                                     

3.2. 著作 共著

  • 「アジアにおける原発問題」『3・11後の日本とアジア 震災から見えてきたもの』早稲田大学アジア研究機構 編、めこん、2012年3月。 ISBN 978-4-8396-0257-4。 - 述:小口彦太ほか。
  • 方燦栄 共著『北朝鮮崩壊せず 金正日を支える「変身」と「みなし」の理論』光文社〈カッパ・ブックス〉、1996年10月。 ISBN 4-334-00574-8。
  • 「韓国・北朝鮮研究」『アジア学のすすめ』第1巻、寺田貴 編、弘文堂〈早稲田大学アジア研究機構叢書〉、2010年6月。 ISBN 978-4-335-50111-1。 - 索引あり。
  • 鈴木邦男、井上周八 共著『日本国民のための北朝鮮原論』デジタルハリウッド出版局、2000年6月。 ISBN 4-925140-20-5。
  • 「日韓相互orientalismの克服」『日韓歴史共同研究報告書』第2期 教科書小グループ篇、日韓歴史共同研究委員会 編、日韓歴史共同研究委員会、2010年3月。 - 文献あり。
  • 長谷川慶太郎 共著『北朝鮮自壊 日米中が握る軍事独裁国家の命運』東洋経済新報社、2004年2月。 ISBN 4-492-21141-1。
  • 猪口孝 ほか編著「北朝鮮の王朝社会主義」『環日本海国際政治経済論』ミネルヴァ書房、2013年10月。 ISBN 978-4-623-06657-5。 - 索引あり。編著者:猪口孝・袴田茂樹・鈴木隆・浅羽祐樹。
  • 西岡力 ほか「12・22工作船追跡銃撃ドキュメント」『北朝鮮問題を整理する5ファイル』東京財団 編集・制作協力、自由国民社〈虎ノ門dojoブックス〉、2005年5月。 ISBN 4-426-12113-2。 - 著者:小川和久・後藤光征・清水美和・西岡力・尹徳敏・重村智計。
  • 「最近の北朝鮮の動向から」『北朝鮮の食糧危機とキリスト教』富坂キリスト教センター 編、新幹社、2008年5月。 ISBN 978-4-88400-072-1。
                                     

3.3. 著作 監修

  • 『摩訶不思議の国 北朝鮮ってどんな国?』重村智計 監修、PHP研究所、2003年5月。 ISBN 4-569-62658-0。 - 文献あり。
                                     

3.4. 著作 訳書

  • 崔仁浩『ソウルの華麗な憂鬱』重村智計・古野喜政 訳、国書刊行会、1977年1月。 ISBN 4-336-02428-6。
                                     

4. 外部リンク

  • 重村智計|人名辞典|お楽しみ - PHP研究所
  • 重村智計-iRONNA
  • Where some of the worst rumors on North Korea come from
  • 研究者データベース(2014年8月4日時点のアーカイブ)
  • 重村 智計SHIGEMURA, Toshimitsu - 早稲田大学 - ウェイバックマシン(2016年6月1日アーカイブ分)
                                     
  • デビッド コンデ 反骨の記者 の活動に光 毎日新聞 2013年4月11日 東京夕刊 重村智計 2010, p. 192 信夫清三郎 朝鮮戦争の勃発 福村叢書 1969年 重村智計 2010, p. 193 重村智計 2010年 北朝鮮の拉致, テロ, 核開発, 有事の国際関係 PDF
  • 妻との共同研究をもとにした毛沢東の伝記 マオ 誰も知らなかった毛沢東 は世界的なベストセラーとなったが 学界からの多くの批判も受けた 重村智計 は ハリディが朝鮮戦争について北朝鮮寄りの歴史修正主義的解釈を行っている研究者であると指摘している A Political History of
  • 2009年 李庭植 戦後日韓関係史 古田博司と共訳, 中央公論社, 1989年 重村智計 2010, p. 194 委員 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧 第31回アジア 太平洋賞 決定 重村智計 2010年 北朝鮮の拉致 テロ 核開発, 有事の国際関係 PDF
  • 2004, p. 3 木村幹 2004, p. 3 木村幹 2004, p. 3 重村智計 2010, p. 194 重村智計 2010, p. 194 ブルース カミングス 評価も参照 重村智計 北朝鮮の拉致, テロ, 核開発, 有事の国際関係 早稲田大学社会安全政策研究所紀要 3 2010年
  • 動されている団体と 組織としての関係はありません としている 会の名称は この運動の呼びかけ人として7人の著名人 有田芳生 勝谷誠彦 加藤哲郎 重村智計 高世仁 日垣隆 湯川れい子 が集まったことに由来する 2002年11月に結成され 翌月 米紙ニューヨーク タイムズに意見広告を掲載
  • の じんぶついちらん は東京通信大学に関係する人物の一覧記事 筧捷彦 情報マネジメント学科教授 - 計算基盤 情報学基礎 情報学フロンティア 重村智計 情報マネジメント学科教授 - 政治学 歴史 メディア 新聞記者実務 に関する実務 佐久間孝正 人間福祉学科教授 - 社会学 高木美也子 人間福祉学科教授
  • ので 使用することはできません という金日成のインタビューを掲載している 重村智計 激動 北朝鮮 韓国そして日本 実業之日本社 2013 5 16 ISBN 978 - 4408109947 p54 重村智計 激動 北朝鮮 韓国そして日本 実業之日本社 2013 5 16 ISBN 978 - 4408109947 p55
  • 凍土の共和国 復刻版 を読んで思ったこと a b 重村智計 あの時のあの1冊 - 金元祚著 凍土の共和国 北朝鮮幻滅紀行 真実を語った 在日の覚悟 この本が出版されて 北朝鮮幻想 は崩れていった 統一日報 2008年5月21日 重村智計 今の韓国 北朝鮮 がわかる本 三笠書房 2007年 235頁 ISBN
  • 重村智計 は 旧ソ連の外交文書の公開で 朝鮮戦争の起源が明らかにされた それによると 朝鮮戦争は 内戦 や 誘因 の展開ではなく金日成首相がソ連の指導者スターリンを説得し開始した 金日成 の戦争だったのである また ヤルタ体制の崩壊 が生んだ戦争でもあった 重村
  • 行政経済事業で提起される新たな重要問題を討議 決定する 内閣全員会議が委任した問題を討議 決定する 重村智計 北朝鮮データブック 講談社 講談社現代新書 1997年 重村智計 最新 北朝鮮データブック 講談社 講談社現代新書 2002年 礒﨑敦仁 澤田克己 LIVE講義 北朝鮮入門 東洋経済新報社 2010年
  • supreme - representative - korean - people - 190416023730477.html 2020年8月17日閲覧 重村智計 北朝鮮データブック 講談社 講談社現代新書 1997年 朝鮮労働党中央委員会総書記 朝鮮民主主義人民共和国主席 朝鮮民主主義人民共和国国防委員会

Users also searched:

...