Back

ⓘ 重友梨佐. 重友 梨佐 (しげとも りさ、1987年8月29日 - )は、日本女子の陸上競技・元選手。専門種目は長距離走・マラソン。2012年ロンドンオリンピック、2015年世界陸上 ..




重友梨佐
                                     

ⓘ 重友梨佐

重友 梨佐 (しげとも りさ、1987年8月29日 - )は、日本女子の陸上競技・元選手。専門種目は長距離走・マラソン。2012年ロンドンオリンピック、2015年世界陸上北京大会、2017年世界陸上ロンドン大会各女子マラソン日本代表。大阪国際女子マラソン2回優勝(2012年・2017年)など。

                                     

1.1. 人物・経歴 学生時代まで

1987年8月29日、岡山県備前市出身。小学校3年生時に陸上競技を始める。備前市立備前中学校卒業後、全国高等学校駅伝競走大会では例年強豪チームの興譲館高等学校に入学。

高校時代は森政芳寿の指導を受ける。2年生時に第16回全国高校駅伝(2004年)に初出場し、2区を走って区間7位。新谷仁美(1区)から先頭でタスキを受けた重友は首位を守ったものの、チームはアンカーで逆転されて2位に終わる。3年生時にチームの主将を任されて第17回全国高校駅伝(2005年)に優勝。前年に続いて2区に登場した重友は、再び新谷から先頭でタスキを受け、区間2位の好走で優勝に貢献した。興譲館高校卒業後は地元・岡山市の天満屋に入社。

                                     

1.2. 人物・経歴 実業団入り・初マラソン挑戦

天満屋入社後は女子陸上競技部に所属、先輩の坂本直子(アテネオリンピック女子マラソン7位入賞)、中村友梨香(北京オリンピック女子マラソン13位)や、同興譲館高校の3年後輩に当たる小原怜(世界陸上北京大会女子10000m22位)らに混じって走り、地道に実力をつける。全日本実業団対抗女子駅伝競走大会では第30回(同回まで岐阜県開催)・第31回(当回から宮城県開催)と5区を走り2年連続区間賞を獲得。特に第30回大会では、天満屋チームの初優勝にも貢献した。

初マラソンは当初2011年3月13日の名古屋国際女子マラソンを予定していたが、大会前々日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)により大会が急遽中止に。1か月後、2011年4月のロンドンマラソンにスライド出場して初マラソンに挑んだが、調整失敗もあり2時間31分台で24位の結果に終わった。

                                     

1.3. 人物・経歴 大阪国際女子マラソン初優勝・ロンドン五輪日本代表選出・出場

2回目のマラソンとなった2012年1月29日の第31回大阪国際女子マラソンでは国内招待選手として出場。レース中盤まで、日本女子長距離走の第一人者である福士加代子と並走していたが、27km手前で遅れ始めた福士を振り切ってからは独走態勢となる。その後も大きく崩れる事無く2時間23分23秒(当時日本女子マラソン歴代9位)の好タイムでマラソン初優勝を果たし、ロンドンオリンピック女子マラソン日本代表へ初選出された。尚天満屋の所属選手としては、2000年シドニーオリンピック代表・7位入賞の山口衛里、2004年アテネ五輪代表・坂本、2008年北京五輪代表・中村に続いて、4大会連続でオリンピックの女子マラソン日本代表となる。

しかし、2012年6月下旬頃に右足首を痛めるアクシデントが発生、練習不足のままで同年8月5日開催のロンドン五輪女子マラソンに強行出場。女子マラソン本番レースでは、15Km付近で一旦先頭集団の前に出る場面が有ったが、20Km手前付近で集団に全くついていけず大きく離されしまい、苦しいレースとなる。完走はなんとか果たしたが、結局2時間40分台の79位(当初)と惨敗だった(他木崎良子16位、尾崎好美19位で日本女子3選手共メダル&入賞ならず)。しかし、ロンドン五輪・女子マラソン開催より3年経過後の2015年11月、ウクライナ陸連は当初5着(ゴール記録は2時間24分32秒)だったタチアナ・ガメラの血液データを蓄積し変化を調べる「生体パスポート」の検査で異常値を示した為、ガメラをドーピング違反と判定。ガメラのロンドン五輪5位入賞の順位・ウクライナ記録をそれぞれ取り消した為、同五輪・女子マラソンの重友の79着の順位が78位に繰り上がった(他木崎は15位、尾崎も18位に繰り上げ)。

ロンドン五輪から1年経過した、2013年8月25日に北海道マラソンに優勝を目指して出場するも、2時間51分台の13位と完敗(優勝は渡邊裕子)。それから約2か月後、2013年11月3日開催のニューヨークシティマラソンにエントリー(昨年の同大会はハリケーンで中止)。中盤まで3位争いに加わるも徐々に後退、女子優勝のプリスカ・ジェプトゥー(ケニア・ロンドン五輪女子マラソン銀メダリスト)から7分近く遅れての11位に留まる。再起を期して、2014年1月26日の大阪国際女子マラソンへ2年ぶりに出場。15Km地点までは先頭争いに加わったが、その後大幅にペースダウン、2時間58分台の64位(当初、のち63位に繰り上げ)と不本意な成績だった。



                                     

1.4. 人物・経歴 世界陸上北京大会日本代表選出・出場

翌2015年1月25日、2年連続3回目となる大阪国際女子マラソンに出走。タチアナ・ガメラシュミルコに10Km付近で追いつくが、中間点近くの折り返し地点を過ぎたから徐々に遅れていき、30Km過ぎではエレナ・プロコプツカ(ラトビア)にもかわされる。結果2時間26分台の記録ながらも、日本人トップとなる3位(当初)に入り、2012年の同大会以来3年振りの好走を見せる。しかし、同年12月に当初3連覇だったガメラシュミルコのドーピング違反による失格裁定により、優勝・プロコプツカ、2位・重友と順位がそれぞれ繰り上がった。

同年3月11日、8月に開催される世界陸上北京大会女子マラソン日本代表へ、日本陸連からは大阪国際でレース前半からハイペースの外国招待選手らに積極的についていった内容を高く評価され、自身初の世界陸上選手権に選出される。だが、横浜国際女子マラソンで優勝(2時間26分57秒)した田中智美とのゴールタイムは僅か18秒の差ながら、重友と最後の日本代表の座を争って落選したため、田中を指導する第一生命陸上部監督の山下佐知子を初め、ほか増田明美・高橋尚子などからも大きな異議が上がった。また千葉真子は今回の選考に関し「重友さんがかわいそう」「重友さんは心から『やった』という走りじゃなかった。田中さんは実力がある。今後のレースでギャフンと言わせて欲しい」と、両選手を気遣うコメントを述べている。

2015年8月30日、世界陸上北京大会の女子マラソンに出場。33Km地点辺り迄は集団の先頭で引っ張る積極性も見せたが、その後優勝したマーレ・ディババ(エチオピア)らのロングスパートに対応出来ずに後退、メダル・入賞争いから脱落。結局日本女子では3番手の14位だった(伊藤舞が7位入賞し翌2016年・リオデジャネイロ五輪日本代表に内定。前田彩里は13位)。

                                     

1.5. 人物・経歴 リオ五輪日本代表入りは絶望

2016年1月31日、リオ五輪女子マラソン選考会を兼ねた第35回大阪国際女子マラソンに出場。4年前のロンドン五輪選考会時と同様、福士加代子との一騎討ちが注目される。しかし15Km過ぎに福士らのハイペースから徐々に離脱され、レース後半は大きく失速してしまう。結果、優勝した福士とは約8分差で2時間30分台の5位に終わり、2大会連続の五輪女子マラソン日本代表入りはならなかった。

2016年12月23日の山陽女子ロードレース・ハーフマラソンの部に出走、6位ながらも1時間11分47秒のタイムでハーフの自己記録を47秒更新した(優勝は同天満屋所属の小原怜)。

                                     

1.6. 人物・経歴 大阪国際女子マラソンで2度目の優勝・世界陸上ロンドン大会日本代表選出・出場

2017年1月29日、4年連続5回目となる第36回大阪国際女子マラソンに出場。レース序盤はハイペースの先頭集団についたが、14Km過ぎで第2集団に下がって待機。一時は先頭集団とは20秒以上差が付くも、24Km以降からペースアップ。29Km地点で単独2位に順位を上げ、レース後半に入り先頭を走る堀江美里(ノーリツ)との徐々に差を詰めて、35.5Km地点辺りで堀江を逆転。その後は重友の独走となり、自身のマラソン記録更新はならなかったが、2時間24分台のタイムで同大会5年ぶり2度目の優勝を果たす。尚、大阪国際女子マラソンで2回優勝の日本選手は、渋井陽子・赤羽有紀子・福士加代子に続いて史上4人目となる。この好成績によって同年3月17日、2017年8月開催予定の世界陸上ロンドン大会女子マラソン日本代表入りへ、2大会連続2度目の選出となった。

2017年8月6日、世界陸上ロンドン大会の女子マラソンに出場するも、20Km過ぎで優勝・メダル争いから脱落。その後も順位は上がらないまま、世界陸上は2大会続けて日本女子で最下位の27位に終わり、これが現役最後のマラソンとなった(清田真央が日本人トップで16位、安藤友香も17位と日本女子3選手共入賞は成らなかった)。

                                     

1.7. 人物・経歴 現役引退

2017年11月26日、10年連続11回目の出場となるクイーンズ駅伝in宮城(第37回全日本実業団女子駅伝)へ6区・アンカーで出走(21分36秒・区間5位、天満屋チーム総合6位)。結果的にこのレースが、重友自身現役最後のラストランと成った。

同年12月19日、翌2018年3月末日をもって現役引退し、所属先の天満屋を退職する事を表明。2日後の12月21日、記者会見において重友は「此処で区切りを付けるのがベストだと判断しました。自分の中では納得しています」と笑みを浮かべながらコメントしていた。引退後の現在は、市民ランナー・学生達のランニング指導者などでも活動中。

                                     

2. 外部リンク

  • 女子陸上競技部のあゆみ(天満屋・企業情報)
  • 松野明美、高橋尚子から田中智美へ。女子マラソン選考問題は終わらない。(Number web・2015年3月20日)
  • 重友梨佐 - 国際陸上競技連盟のプロフィール (英語)
  • 重友梨佐 - 日本陸上競技連盟の選手名鑑
                                     
  • 佳小里 うらた かおり 1985年9月18日 - は 元陸上競技選手 長距離走 特に駅伝競走で活躍し 全日本実業団女子駅伝で3度の区間賞を獲得 中村 友梨 香や 重友梨佐 らと天満屋を何度も上位入賞に導き 2010年大会では6区区間賞で優勝のゴールテープを切った 第14回女子大会記録 全国高校駅伝事務局
  • 満屋に入社 天満屋の元所属選手では シドニー五輪女子マラソン7位入賞の山口衛里 天満屋元コーチ 現アドバイザー や北京五輪代表の中村 友梨 香 ロンドン五輪代表の 重友梨佐 など 現役選手では世界陸上北京大会代表の小原怜 北海道マラソン優勝の前田穂南らが所属している
  • では 2004年アテネオリンピック女子マラソン7位入賞の坂本直子 2008年北京オリンピック女子マラソン13位の中村 友梨 香 2012年ロンドンオリンピック女子マラソン79位の 重友梨佐 らが所属していた 天満屋女子陸上部を率いる武冨豊の指導の下 フルマラソンで力を付け始める 初マラソンは1995年8
  • ていた2012年8月開催予定のロンドンオリンピック女子マラソン 国内選考レースにはエントリー出来なかった 天満屋からは大阪国際女子マラソンで優勝の 重友梨佐 がロンドン五輪女子マラソン代表に選出 2012年3月をもって現役を引退し 天満屋女子陸上部を退部 今後は天満屋関連会社に異動して一般社員として活動する
  • 2000年シドニーオリンピックでは山口衛里 2004年アテネオリンピックでは坂本直子 2008年北京オリンピックでは中村 友梨 香 2012年ロンドンオリンピックでは 重友梨佐 と 4大会連続でオリンピックの女子マラソン日本代表に送り出している そのうち山口と坂本の二人が ともに五輪7位入賞に導いた
  • 中村 友梨 香 なかむら ゆりか 1986年4月1日 - は 日本の陸上競技 長距離走 マラソン 元選手 京都府福知山市生まれ 出生後1年間福知山で過ごしたが その後父親の仕事の都合で兵庫県に転居した そのため 出身地登録を兵庫県西宮市としている 身長165cm 体重49kg
  • 2015年4月 高校を卒業し岡山市の実業団チームである天満屋へ入社し 女子陸上競技部に所属 天満屋の先輩には小原怜 2015年世界陸上北京大会女子長距離走日本代表 重友梨佐 ロンドン五輪女子マラソン日本代表 などがいる 2019年1月の全国女子駅伝に大阪代表のふるさと選手として出走 高校時代に1度も走る事ができなか
  • った ゲラナはオリンピック記録を7秒上回るタイムでゴールした 日本女子代表選手は 木崎良子 尾崎好美 重友梨佐 の3人が出場 レース前半は先頭集団に着けたものの 本番前から右足首を痛めていた 重友 が18Km辺りで脱落 中間点を過ぎた24Km付近で木崎が遅れ初め その後間もなく25Km手前で尾崎も先頭
  • 幸 新宅雅也 加納由理 松尾和美 大南博美 大南敬美 市河麻由美 2018年 諏訪利成 西田隆維 加納由理 重友梨佐 松尾和美 市河麻由美 2019年 諏訪利成 西田隆維 加納由理 重友梨佐 松尾和美 大島めぐみ 尾崎好美 ゲストランナー 2015年 TOKYO GIRLS RUN アマンダ 大杉亜依里 横地尚子 梅本静香
  • Catharsis も披露 恒例となった ライブと連動させてハーフマラソンを会場内外で行う企画には 往年の名選手である谷川真理やロンドンオリンピック出場経験のある 重友梨佐 ら 二日間で100名近いランナーが参加 ライブの締めくくりには 若手注目アスリートの紹介と応援ソング 吼えろ の合唱が行われた
  • 興譲館高校卒業後の2009年4月 岡山市の実業団チーム 天満屋へ入社し 女子陸上競技部に所属 天満屋には同じく興譲館高校出身で3年先輩だった 重友梨佐 ロンドン五輪女子マラソン日本代表 を始め ほかチームOGでは中村 友梨 香 北京五輪女子マラソン代表 坂本直子 アテネ五輪女子マラソン7位 山口衛里 シドニー五輪女子マラソン7位 などが居た
  • 斎藤嘉彦 酒井俊幸 坂井義則 坂本直子 佐 々木七恵 佐藤敦之 佐藤清治 佐藤信之 佐藤秀和 佐藤真有 佐藤光浩 佐藤美保 佐藤恵 佐藤悠基 佐藤由美 ヴィクトル サネイエフ ユニス ジェプコエチ サム 澤野大地 張莉 イレーナ シェビンスカ 塩見綾乃 重友梨佐 タチアナ シコレンコ ナタリア シコレンコ
  • 坂本直子 天満屋  14分34秒 打田理沙 十八銀行  14分34秒 第5区 10.8km  伊藤舞 大塚製薬  36分38秒 第6区 6.495km 重友梨佐 天満屋  20分57秒 区間タイ 出田千鶴 ダイハツ  20分57秒 区間タイ 中條宏美 ワコール  20分57秒 区間タイ 2012年

Users also searched:

...