Back

ⓘ 繁田信一. 繁田 信一 (しげた しんいち、1968年 - )は、日本の歴史学者。 ..




                                     

ⓘ 繁田信一

繁田 信一 (しげた しんいち、1968年 - )は、日本の歴史学者。

                                     

1. 来歴

東京都生まれ。東北大学文学部卒業。神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科博士後期課程満期退学。神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員。2003年「平安貴族時代の陰陽師」で神奈川大学博士(歴史民俗資料学)。

                                     

2. 著書

  • 『殴り合う貴族たち 平安朝裏源氏物語』柏書房、2005/角川ソフィア文庫、2008/文春学藝ライブラリー文庫、2018
  • 『御曹司たちの王朝時代』角川選書、2009
  • 『紫式部の父親たち 中級貴族たちの王朝時代へ』笠間書院、2010
  • 『平安貴族と陰陽師 安倍晴明の歴史民俗学』吉川弘文館、2005
  • 『王朝貴族の悪だくみ 清少納言、危機一髪』柏書房、2007
  • 『安倍晴明 陰陽師たちの平安時代』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、2006
  • 『下級貴族たちの王朝時代 『新猿楽記』に見るさまざまな生き方』新典社選書、2018
  • 『陰陽師と貴族社会』吉川弘文館、2004
  • 『庶民たちの平安京』角川選書、2008
  • 『かぐや姫の結婚 日記が語る平安姫君の縁談事情』PHP研究所、2008
  • 『天皇たちの孤独 玉座から見た王朝時代』角川選書、2006
  • 『王朝貴族のおまじない』ビイング・ネット・プレス、2008
  • 『呪いの都平安京 呪詛・呪術・陰陽師』吉川弘文館、2006
  • 編・解説『御堂関白記 藤原道長の日記 ビギナーズ・クラシックス日本の古典』角川ソフィア文庫、2009 
  • 『平安朝の事件簿 王朝びとの殺人・強盗・汚職』文春新書、2020
  • 『陰陽師 安倍晴明と蘆屋道満』中公新書、2006
                                     
  • 斎藤英喜 陰陽道の神々 佛教大学教育部思文閣出版 2007年10月 ISBN 9784784213665 繁田信一 平安貴族と陰陽師 吉川弘文館 2005年5月 ISBN 9784642079426 林淳 近世陰陽道の研究 吉川弘文館 2005年12月 ISBN 9784642034074
  • 繁田信一   平安貴族と陰陽師 吉川弘文館 2005年 P129 林淳  近世陰陽道の研究  吉川弘文館 2005年 52頁 53頁 a b 小池 2015, p. 37. 林淳  近世陰陽道の研究  吉川弘文館 2005年 53頁 繁田信一   平安貴族と陰陽師  吉川弘文館 2006年72p
  • 小池康寿  日本人なら知っておきたい正しい家相の本  プレジデント社 2015年 36頁 斎藤英喜  陰陽道の神々  佛教大学教育部 思文閣出版 2007年 P31 繁田信一   平安貴族と陰陽師 吉川弘文館 2005年 P129 小池康寿 38頁 林淳  近世陰陽道の研究  吉川弘文館 2005年 52頁
  • 小右記 万寿4年正月5日条 小右記 長元4年正月5日, 正月6日, 3月1日条 日本紀略 長元4年3月14日条 小右記 長元4年9月5日条 大鏡 第三巻, 右大臣道兼 繁田信一 王朝貴族の悪だくみ 清少納言 危機一髪 柏書房 2007年 尊卑分脈 第三篇 吉川弘文館 1987年
  • 橋本義彦  女院の意義と沿革 平安貴族  平凡社 平凡社選書 1986年 昭和61年 山中裕  源氏物語の史的研究  思文閣出版 1997年 平成9年 繁田信一   殴り合う貴族たち  柏書房 2005年 平成17年 太上天皇 太上法皇 女院 准三宮 准三后 准后 光源氏 敦明親王 光厳天皇 - 建武の新政の期間 同様の扱いとなっていた
  • わる伝統芸能である 1996年12月20日に国の重要無形民俗文化財に指定された 継承地名より知多万歳とも呼ばれる 吉川弘文館 陰陽師と貴族社会  繁田信一 著によれば 安土桃山時代 国家の雇用人であった陰陽師が 弾圧や迫害を受け衰微し その後 1594年 文禄3年 に豊臣秀吉がすでに民間の陰陽師となっ
  • て確立されたと認識されていた とする指摘もある 小右記 長徳2年4月24日条 戸川点 軍記物語に見る死刑 梟首 初出: 歴史評論 637号 2003年 所収: 戸川 平安時代の政治秩序 同成社 2018年  2018年 P94 - 95. 繁田信一 殴りあう貴族たち 柏書房 2005年
  • 定家朝臣記 a b 続本朝文粋 第6 続本朝文粋 第5 黒板勝美 国史大系編修会 国史大系 尊卑分脉 第二編 吉川弘文館 1987年 繁田信一 御曹司たちの王朝時代 角川選書 朝日日本歴史人物事典 朝日新聞社 1994年 世界大百科事典 第2版 平凡社 2005年 日本大百科全書ニッポニカ 小学館 1993年
  • 権記 寛弘8年8月23日条 小右記 万寿元年11月19日条, 20日条 御堂関白記 寛仁2年10月22日条 公卿補任 第一篇 吉川弘文館 1982年 尊卑分脈 第一篇 吉川弘文館 1987年 繁田信一 殴り合う貴族たち - 平安朝裏源氏物語 2005年 柏書房
  • 上方芸人 浄瑠璃 歌舞伎の基になったといわれ 歌舞伎は 京都で出雲大社の巫女が男装をして踊り 現代に引き継がれたと 吉川弘文館 陰陽師と貴族社会  繁田信一 著によって記述されている また地域伝承として1598年 慶長3年 の豊臣秀吉の死後も 多くの声聞師が京や大坂に帰らず尾張に留まり その中から三河

Users also searched:

...