Back

ⓘ 重金敦之. 重金 敦之 (しげかね あつゆき、1939年4月18日 - )は、日本のエッセイスト、食味評論家。 東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。朝日新聞社に入り、 ..




                                     

ⓘ 重金敦之

重金 敦之 (しげかね あつゆき、1939年4月18日 - )は、日本のエッセイスト、食味評論家。

東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。朝日新聞社に入り、編集委員、常磐大学人間科学部教授(ジャーナリズム論)を経て、文芸ジャーナリスト。「週刊朝日」在籍中に池波正太郎、松本清張、結城昌治、渡辺淳一といった作家たちの担当編集者を務めた。食や酒に関する随筆を主に手がける。

                                     

1. 著書

  • 『池波正太郎劇場』新潮新書、2006
  • 『ほろ酔い文学事典 作家が描いた酒の情景』朝日新書、2014
  • 『美味は別腹』ランダムハウス講談社、2009
  • 『作家の食と酒と』左右社、2010
  • 『メニューの余白』講談社、1993、講談社文庫 1998
  • 『小説仕事人・池波正太郎』朝日新聞出版、2009
  • 『愚者の説法賢者のぼやき』左右社、2012
  • 『食彩の文学事典』講談社、2014
  • 『舌の向くまま』講談社、2000
  • 『食の名文家たち』文藝春秋、1999
  • 『気分はいつも食前酒』朝日新聞社、1987、集英社文庫 1997
  • 『すし屋の常識・非常識』朝日新書、2009
  • 『銀座八丁舌の寄り道』TBSブリタニカ、1998
  • 『落語の行間 日本語の了見』左右社、2020
  • 『淳ちゃん先生のこと』左右社、2018
  • 『利き酒入門』講談社現代新書、1998
  • 『ミツバチの旅』長谷忠彦写真 朝日新聞社、1970
  • 『編集者の食と酒と』左右社、2011
  • 『ソムリエ世界一の秘密 田崎真也物語』朝日新聞社、1995、「ソムリエ世界一 田崎真也物語」中公文庫 1998
                                     

1.1. 著書 共著・編

  • 野崎洋光『池波正太郎の江戸料理を食べる』朝日新聞出版、2012
  • 『美味探求の本』編 有楽出版社、2000
  • 『飲むほどに酔うほどに 愛酒家に捧げる本』編 有楽出版社、2002
  • 『池波正太郎が残したかった「風景」』新潮社 とんぼの本、2002
  • 『美味探求の本 世界編』編 有楽出版社、2001
  • 石山透脚本『新八犬伝』ノベライズ 日本放送出版協会、1974-75
  • 『池波正太郎と歩く京都』新潮社 とんぼの本、2010
                                     

2. 参考

  • 新潮社
  • 『文藝年鑑』2010年
  • オンとオフの真ん真ん中 左右社
                                     
  • 霜月たかなか 謝世輝 正慶孝 庄司肇 城野宏 辛淑玉 慎泰俊 新城和一 新戸雅章 新藤謙 新名丈夫 JENNA 志賀隆生 志賀信夫 志方俊之 色摩力夫 重金敦之 重太みゆき 茂森唯士 品川信良 品川嘉也 芝烝 柴田賢一 柴谷篤弘 柴山哲也 渋谷清視 芝生瑞和 島影盟 嶋田謙司 島田晋作 島田とみ子 島中雄三
  • 三島由紀夫の節を参照 その後は 眩人 など少数の作品との関わりに止まり ひとり宮田が清張関連の窓口的存在となった このほか 朝日新聞社では 重金敦之 が同社在職時 黒の様式 歌のない歌集 各シリーズなど 週刊朝日 掲載作品を中心に清張を担当した 創作活動の初期から晩年まで 清張が間接的な
  • 鬼平犯科帳5 乞食坊主 2 2013年4月13日 逢坂剛 韮の味噌和え 剣客商売番外編 黒白 上 蛤鍋 鬼平犯科帳13 一本眉 3 2013年4月20日 重金敦之 穴子の煮こごり 闇の狩人 上 根深汁 剣客商売1 女武芸者 4 2013年4月27日 波乃久里子 浅蜊のぶっかけ 剣客商売9 待ち伏せ
  • カ大陸に到着した スペインやポルトガルのアメリカ大陸到着はスペインによるアメリカ大陸の植民地化やポルトガルによるアメリカ大陸の植民地化にもつながり 重金 主義の政策が普及した スペインのカスティーリャ王国は アメリカ大陸の植民地化によって金銀を獲得し スペインのエスクード金貨やレアル銀貨が国際的な貨幣

Users also searched:

...