Back

ⓘ 重岡建治. 重岡 建治 (しげおか けんじ、1936年 - )は、日本の彫刻家。満州国のハルビン出身。2014年現在も伊東市大室高原にある自身のアトリエにて活動中。「触っても壊 ..




                                     

ⓘ 重岡建治

重岡 建治 (しげおか けんじ、1936年 - )は、日本の彫刻家。満州国のハルビン出身。2014年現在も伊東市大室高原にある自身のアトリエにて活動中。「触っても壊れない彫刻」をコンセプトとしており、作品は駅前や公園などの野天に設置されているケースもある。用いる素材はブロンズ、大理石、木などさまざまで、日本国内のみならずスイス、イタリアなどを含め、総計100以上の作品が設置されている。

ジャムス市にて終戦を迎えると日本に戻り、一家は熱海のあたりに落ち着いた。1958年定時制高校を卒業すると、進学はせずに圓鍔勝三の元を訪れ、住み込みで弟子入りすることを許された。1961年の入選を皮切りに日展では以後1970年まで9回の入選を数えた。1960年の現代イタリア彫刻展(於:日本橋高島屋)においてその作品を目にして以来熱望していたエミリオ・グレコへ師事するため、1971年にローマの国立アカデミア美術学校へ留学した。イタリアには4年半ほど滞在し彫刻を学んだが、その際にはデッサンの重要性を学んだといい、また当時のイタリアの空気には学ぶところが多かったとしている。帰国後も製作を続け、日本各地にモニュメントが設置されている。イタリアの市庁舎モニュメント製作や、同国で開催されたビエンナーレへの出品もある。1971年以降、2014年現在までは、賞を目指しての各種コンクールへの出品からはある程度距離をおき、個展に重点を置いての活動を継続しているという。

                                     

1. 作品の例

受賞作の一部を例示する。

  • 『受胎告知』(1980年) - 第一回高村光太郎大賞展佳作賞
  • 『ラウラの頭像』(1974年) - インターナショナルアカデミア美術展金賞
  • 『家族』(1977年) - 伊東市制30周年記念モニュメント
  • 『髪』(1965年) - 日彫展日彫賞
  • 『伊豆の農夫』(1963年) - 日彫展奨励賞
  • 『白鳥讃歌』(1986年) - 大阪市南港緑道彫刻公募大賞
                                     
  • 沢田研二 沢田謙也 澤田謙也 佐渡稔 澤部佑 澤向要進 沢村一樹 沢本忠雄 沢竜二 三箇一稔 サンダー杉山 三東康太郎 三中元克 椎名桔平 椎谷 建治 ジェシー 重岡 大毅 ジェリー伊藤 ジェリー藤尾 汐崎アイル 汐路章 塩野瑛久 塩谷瞬 塩屋俊 塩野勝美 潮見諭 塩見三省 志賀廣太郎 志賀勝 鹿内孝 志垣太郎
  • 丸山公園 - 小沢川を中心に設営された公園 夏にはホタル鑑賞会が行われる なぎさ公園 - 伊東オレンジビーチの南側に位置する 伊東在住の彫刻家 重岡建治 作の彫刻が多数設置されている 按針メモリアルパーク - 徳川家康の命を受けた三浦按針 ウィリアム アダムス が洋式帆船を建造した松川河口にある
  • 順みつき 伊丹市 杉良太郎 神戸市長田区 勝呂誉 芦屋市 鈴木杏樹 神戸市 鈴木亮平 西宮市 大門正明 高砂市 平愛梨 明石市 平祐奈 明石市 高 岡建治 西宮市 高島忠夫 神戸市東灘区 高田浩吉 尼崎市 堺雅人 神戸市 佐野元哉 川西市 辰巳柳太郎 赤穂市 堤真一 西宮市 戸田恵梨香 神戸市灘区 栃下有沙

Users also searched:

...