Back

ⓘ 茂平. 茂 平 (しげ たいら、1993年4月14日 - )は、長崎県大村市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ブラウブリッツ秋田所属。登録ポジションはミッドフィールダー。 ..




                                     

ⓘ 茂平

茂 平 (しげ たいら、1993年4月14日 - )は、長崎県大村市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ブラウブリッツ秋田所属。登録ポジションはミッドフィールダー。

                                     

1. 来歴

中学卒業後、大分トリニータU-18に入団。同期に為田大貴、後藤優介、1学年下に後に立命館大学・ギラヴァンツ北九州でもチームメイトとなる國分伸太郎がいた。また在籍した時期は重なってはいないが、大分U-18の先輩・清武弘嗣を尊敬する人物として挙げており、同じく先輩・梅崎司は小中高と同じ学校であった。高校3年次にはトップチームの練習に帯同し、為田・後藤とともにトップチーム昇格の予定であったが急きょ立ち消えになった。

高校卒業後は立命館大学に進学し、サッカー部に入部。2015年には全日本学生選抜、更にはユニバーシアード日本代表のバックアップメンバーに選出された。

大学卒業後の2016年、JFL・奈良クラブに加入。公式戦で計16得点を記録し、JFLのベストイレブン・新人王に選出された。

翌2017年、J3・ギラヴァンツ北九州に完全移籍。

2019年6月2日、J3リーグ対ロアッソ熊本戦で終了間際にゴールを決め、これがJリーグ初得点となった。

2020年、ブラウブリッツ秋田に完全移籍。

                                     

2. 所属クラブ

  • 2020年 - ブラウブリッツ秋田
  • 2009年 - 2011年 大分トリニータU-18(大分東明高校)
  • キックスFC U-12
  • 2017年 - 2019年 ギラヴァンツ北九州
  • 2012年 - 2015年 立命館大学
  • 2016年 奈良クラブ
  • キックスFC U-15
                                     

3. 個人成績

  • Jリーグ初出場:2017年3月26日 J3 第3節 セレッソ大阪U-23戦(ミクニワールドスタジアム北九州)
  • Jリーグ初得点:2019年6月2日 J3 第10節 ロアッソ熊本戦(ミクニワールドスタジアム北九州)
                                     

4. タイトル

クラブ

ギラヴァンツ北九州
  • J3リーグ:2019年

ブラウブリッツ秋田

  • J3リーグ:2020年

個人

  • JFLベストイレブン:2016年
  • JFL新人王:2016年
                                     

5. 関連項目

  • ブラウブリッツ秋田の選手一覧
  • ギラヴァンツ北九州の選手一覧
  • 奈良クラブの選手一覧
  • 長崎県出身の人物一覧
  • 大分トリニータの選手一覧#アカデミー出身者
  • 立命館大学の人物一覧
                                     

6. 外部リンク

  • 茂平 tairashige - Instagram
  • 茂平 tr0414 - Twitter
  • 茂平 - J. League Data Siteによる選手データ (日本語)
                                     
  • 新潟県古志郡長岡町神田 現 長岡市神田二ノ町 にて 米の相場師として長岡で財を成した反町 茂平 の五男として生まれる 反町家は代々米穀問屋を営んでいたが 茂平 の代に先物取引を始めて成功し 長岡町内では一番大きい 1700坪を有する邸宅を構えていた 明治43年 事業拡大のため
  • 岡山県井原市と広島県福山市福山港を結ぶ主要地方道として認定されているものの両者を短絡的には結ばず 岡山県笠岡市 茂平 にて進行方向を変える 逆L字形 の経路となっており 路線の性格としては 井原市と笠岡市を結ぶ役割の道路と 笠岡市と福山市を結ぶ役割の道路という性格の
  • ト食品などの加工食品を手がける 創業地は深津村であり現在も登記上の本社は福山市にあるが 1980年以降は実質的な本社機能および主力工場を岡山県笠岡市 茂平 に置く 1910年 明治43年 - 藤井國五郎 深津村において醤油製造を専業とする 1923年 大正12年 - 宮内省御用達の栄に浴し 朝紫 の命名を賜る
  • かげひら は 鎌倉時代初期の武将 安芸国沼田荘を支配した鎌倉幕府御家人 平賀義信の五男で 土肥遠平の養子となった 建永元年 1206年 所領の安芸国沼田荘を嫡男の小早川 茂平 と次男の小早川季平に分割相続させ 幕府に申請した 翌年 源実朝と北条政子の安堵下文を得て 幕府に認めさせた また 三男の景光に相模国成田荘内の飯泉郷
  • 孫の妻 寺田剛正 左右馬 の次女 - 離別 孫の継妻 上野之正 来馬 の次女 - 離別 孫の継妻 山田清栄 茂平 の次女 - 離別 孫娘 初め板垣退助の妻 離縁後に林 茂平 亀吉 の妻となる 孫娘の入婿 林 茂平 亀吉 - 実は小笠原茂常 大四郎 の五男 無雙直傳英信流居合に就いて 中西岩樹著 土佐史談 1933年 昭和8年 による
  • 1328年 北条兼時 鎌倉時代の武将 1295年 北条時範 鎌倉時代の武士 1307年 3月14日 弘長4年2月15日 - 小早川 茂平 鎌倉時代の武士 御家人 生年未詳 5月29日 文永元年5月3日 - 北条朝直 鎌倉時代の武士 1206年 6月17日 文永元年5月22日
  • 元気な少年に成長した駒助の前に 両親だと名乗る不思議な男女が現われ 彼らから未来の科学の本をもらい 駒助 コンニャクのお伝 小原庄之助 への屋 茂平 次 加賀美博士 加賀美鏡子 ウナどん キズ六 けんか長屋の大家 ゲッソリ右門 からくり儀右衛門 不知火 キングコミックス スーパー太平記 少年画報社
  • 実平の子遠平は 土肥郷の地名である小早川氏を称したが 承久の乱で戦功を挙げて安芸国沼田荘を与えられた 高山城は小早川氏の居城として建永元年 1206年 遠平の孫 小早川 茂平 により築かれた その後 小早川氏は沼田小早川氏と竹原小早川氏に分かれたが 高山城は沼田小早川氏 本家 の居城であった     
  • 子供がおり 家庭的な雰囲気を強調して佐七の従来のイメージを一新した 人形佐七 松方弘樹 お粂 真屋順子 きんちゃくの辰 辰五郎 渡辺篤史 鳥越の 茂平 次 室田日出男 第1話 - 第4話   志賀勝 第24話 - 第34話 弥兵衛 牟田悌三 お咲 山本由香利 三太 田沢充 歌吉 富山真沙子 おかめ床の安 勝野賢三 第4話

Users also searched:

...