Back

ⓘ 重信房子. 重信 房子 (しげのぶ ふさこ、1945年9月28日 - )は、日本の新左翼活動家、テロリスト、革命家。元赤軍派中央委員、日本赤軍の元最高幹部である。ハーグ事件の ..




                                     

ⓘ 重信房子

重信 房子 (しげのぶ ふさこ、1945年9月28日 - )は、日本の新左翼活動家、テロリスト、革命家。元赤軍派中央委員、日本赤軍の元最高幹部である。ハーグ事件の共謀共同正犯として有罪となり、懲役20年の判決を受けた。現在、東日本成人矯正医療センターにて服役中。

                                     

1.1. 経歴 生い立ち

東京都世田谷区で4人兄弟の次女として生まれた。父の重信末夫は四元義隆と同郷の鹿児島県出身で、第二次世界大戦前の血盟団事件に関与した右翼団体金鶏学院の門下生であった(血盟団メンバーと報じられることがあるが、メンバーではなく事件にも一切関与していない)。房子はこの父の影響を強く受けた。少女時代は「小さな親切運動」に熱心に取り組み、表彰を受けた。また、文学少女でもあった。東京都立第一商業高等学校卒業後、キッコーマンで働きながら小学校教員を目指し、明治大学文学部史学地理学科の夜学に通う。大学では一時期明治大学雄辯部に参加し、更に文学研究会に入会して『一揆』というミニコミ誌を出していた。

                                     

1.2. 経歴 学生運動

大学入学後、夜学連に参加し、2年次に文学研究会が属していた研究部連合会の事務長を務めていた重信は学費値上げに絡んで明大闘争に参加した。この際、後に連合赤軍山岳ベース事件でリンチ殺人の犠牲となった遠山美枝子(二部法学部、麒麟麦酒勤務)と知り合う。明大闘争において全学連における立場を失墜させた共産主義者同盟第二次ブントの再建に協力してほしいとオルグされ、加入。系列の明大現代思想研究会、二部の社会主義学生同盟の責任者として活動。神田カルチェ・ラタン闘争にも関わった。その後分裂した共産主義者同盟赤軍派に創立メンバーとして加わる。塩見孝也ら幹部が逮捕され弱体化する中で主導権を握った森恒夫と対立した。

                                     

1.3. 経歴 日本赤軍

重信は1971年に「国際根拠地論」に基づいて、パレスチナに赤軍派の海外基地を作ろうとする。同年2月2日に神戸市で奥平剛士との婚姻届を提出、「奥平房子」という戸籍を得て2月28日に出国した。1972年の時点で、結婚相手の奥平剛士(1972年5月、民間人ら23人を殺害、計100人以上を無差別殺傷したテルアビブ空港乱射事件のテロ行為で死亡)とは偽装結婚であると報じられており、潜伏先のベイルートでは別々のアパートを借り、現地の日本人に「あの人は本当は主人ではないのです」と説明していることなどが根拠とされている。なお重信は、後にパレスチナ人男性と結婚した。

その後、奥平剛士らとパレスチナで日本赤軍を結成し、創設当初は「アラブ赤軍」、「赤軍派アラブ委員会」、「革命赤軍」等と称し、その名称さえきちんと定まっていなかったが、1974年以降、「日本赤軍」を正式名称とした。

重信が「最高指導者」となった日本赤軍は、レバノンのベカー高原を主な根拠地に「革命運動」を自称し1970年代から1980年代にかけて、パレスチナ解放人民戦線(PFLP)などパレスチナの極左過激派と連携し、一連のハイジャックや空港内での乱射事件などの無差別殺人を起こした。さらに外国公館の政府要人やハイジャックした飛行機の乗客を人質に取って、身代金や仲間の奪還を目論む事件を起こしたり、外国公館に攻撃をするなど、多数の民間人をも巻き込んだテロ事件を繰り返し世界各国から非難を受けた。

                                     

1.4. 経歴 逮捕

その後重信は「ハーグ事件」への関与で国際手配を受けたものの逃亡を続け、不法に入手した偽造旅券を使って日本に不法入国し、その後しばらく大阪市西成区のマンションに潜伏していた。

2000年、日本赤軍の支援者を視察していた大阪府警警備部公安第三課は視察対象者が重信に似た女性と接触していたのを現認し視察・捜査を開始。重信はホクロが特徴となっていたが化粧でホクロを隠していたものの、特有のタバコの吸い方や、重信に似た女が某所で飲んだ際に使用されたコーヒーカップから指紋を採取、照合したところ重信の指紋と一致したことから公安第三課は女が重信であることを突き止めると、ハーグ事件から26年後の11月8日に潜伏していた大阪府高槻市において旅券法違反容疑で逮捕された。なお、大阪から警視庁への移送には東海道新幹線が用いられ、逃亡を防止する為グリーン車の個室に閉じ込めての移送となった。

重信が逮捕の際に押収された資料、それを報じた新聞などによれば、重信は1997年12月から2000年9月に、自ら他人になりすまして日本国旅券を取得し、関西国際空港から計16回にわたって中国などに出入国を繰り返し、また1991年から日本での「武力革命」を目的とした「人民革命党」及びその公然活動部門を担当する覆面組織「希望の21世紀」を設立。またそれを足がかりとして、日本社会党との連携を計画していたとされる。

なお「希望の21世紀」は同事件に関連し、警視庁と大阪府警の家宅捜索を受けたが、日本赤軍との関係を否定している。また社会民主党区議の自宅なども「希望の21世紀」の関連先として同時に捜索を受けたが、社会民主党は「何も知らなかったが事実関係を調査する」とした。また、重信が残した多数の証拠品により支援組織が解明され、会社社長・教諭・医師・病院職員が次々に重信を匿った犯人隠避の疑いで検挙された。

                                     

1.5. 経歴 解散

2001年には獄中から、組織として事実上崩壊していた日本赤軍の解散を発表している。2009年6月に、初めて産経新聞のインタビューに応じ、過去の活動について「世界を変えるといい気になっていた」と語った。一方で「運動が行き詰まったとき、武装闘争に走った。世界で学生運動が盛り上がっていたが、故郷に戻り、運動を続けたところもあった。私たちも故郷に戻って運動を続けていれば、変わった結果になったかもしれない」と自責の念にも駆られていたとも述べた。

                                     

2.1. ハーグ事件裁判 起訴

重信は1974年9月13日に日本赤軍がフランス当局に逮捕されたメンバー(山田義昭)を奪還するために、オランダのハーグで起こしたフランス大使館占拠事件、いわゆる「ハーグ事件」への関与をめぐり、逮捕監禁罪・殺人未遂罪などでの共謀共同正犯で起訴された。

検察側は日本赤軍が実行翌日に犯行声明を出したり、その他の日本赤軍の刊行物からパレスチナ解放人民戦線PFLPに武器調達や解放された仲間を受け入れる国との調整を依頼していたこと、事件後の会議で重信が準備不足などを反省する発言をしたとする元メンバーらの供述などの証拠から、ハーグ事件について首謀者として犯行を主導したと主張し無期懲役を求刑した。これに対して弁護側は「ハーグ事件当時、日本赤軍が組織体制を確立しておらず、PFLPの作戦であったから重信が指示・指導する立場ではなかったうえ、謀議があったとされる時期にはリビアにいてアリバイがある」と無罪を主張した。

東京地方裁判所は2006年2月23日に「重信被告は武器調達や解放された仲間を受け入れる国との調整をPFLPに依頼するという重要な役割を担っていた」と認定し、さらにアリバイについては「共謀の詳しい内容や時期、場所は明らかではないが、被告がアラブ諸国の協力組織を介するなどして実行犯と共謀しており、アリバイとして成立しない」と認定した。量刑は「自らの主義や主張を絶対視し、多数の生命、身体への危険を意に介さない身勝手な犯行であり、真摯な反省がみられない」としたが、一方で「犯行の重要事項については実行犯の和光晴生が決定しており、被告は中核的立場を担ったものの犯行を主導したと断言できない」とし、検察が求刑していた無期懲役を退けて懲役20年の判決を言い渡した。

                                     

2.2. ハーグ事件裁判 懲役

これに対して重信の娘の重信メイと主任の大谷恭子弁護人は同日控訴した。控訴審では弁護側と検察側双方が、1970年代から1980年代にかけ重信と同様に世界各国でテロ事件を起こし多数の民間人を虐殺し、フランスで終身刑を受けているテロリストの「カルロス」受刑者から、「ハーグ事件」の指揮系統や武器提供の経緯についての証言を得て、裁判所に提出された。

2007年12月20日に東京高等裁判所は一審判決を支持し、控訴を棄却した。重信は上告したが2010年7月15日に棄却が決定し刑が確定した。重信は上告棄却決定に対する異議申し立てを行ったが、2010年8月4日に最高裁判所第2小法廷(竹内行夫裁判長)は棄却する決定をし、懲役20年とした一・二審判決が確定し重信はその後服役した。出所予定は2022年とされる。

                                     

3. その他

  • 2020年現在、東日本成人矯正医療センターにて抗がん剤の治療を行っている。
  • ブントの中では「魔女」、新宿ゴールデン街に集まる著名人たちからは「赤軍姉ちゃん」、アラブに渡った当初交流していたベイルートの外交官や商社員ら日本人社会の人々からは「赤軍ちゃん」のニックネームで呼ばれていた。PFLFやパレスチナ人の仲間内では「マリアン」の通名で通っていた。他に「ミス ユキ」などの変名を確認されている。
  • 八尾恵(よど号グループの柴田泰弘の元妻)の『謝罪します』には、「1970年代後半に北朝鮮に在住し始めた時の夫の柴田のアルバムに、日本赤軍の重信房子がチマチョゴリを着て2歳くらいの娘と一緒の写真があった」と書かれており、重信とよど号グループとの関係が指摘されている。和光晴生は1974年に北朝鮮当局に資金援助を求める手紙を見せられたこと、そして翌1975年に重信が北朝鮮に渡航したことと、その後、同国の「主体思想」に基づく「思想闘争」という活動形態が組織内部に持ち込まれたことを述懐している。但し、重信自身は和光の述懐の内容について「穿ち過ぎ」であるとし、「思想闘争」や「自己批判」を行う「援助会」に関してはイスラエルやヨルダン政府などとの闘いの中で生まれたものだ、として否定している。また、足立正生は1974年に日本赤軍に合流した際に年長者として思想や組織、革命に関しての議論を活発にさせたと述懐しており、全てが北朝鮮やよど号グループの影響なのかは判然としない面がある。
  • 公安関係者には「重信ファン」が少なからずいたという。
  • 1965年~1966年頃、大学の弁論大会に出たことから知り合った、地方の自民党幹部の息子という大学生と婚約しており、相手の父親にもその性格や容姿を絶賛されていたが、政治思想の相違から別れることとなった。その人物はその後国会議員になった。また、雄辯会の女子学生が珍しかったため、各大学の雄辯会の紹介で度々ウグイス嬢のアルバイトをすることがあった。
                                     

4.1. 文献 著書

  • パレスチナ解放闘争史: p.260 - 263
  • 『わが愛わが革命』講談社、1974年
  • 『大地に耳をつければ日本の音がする 日本共産主義運動の教訓』ウニタ書舗、1984年
  • 『日本赤軍私史 パレスチナと共に』河出書房新社、2009年
  • 『りんごの木の下であなたを産もうと決めた』幻冬舎、 2001年
  • 『ベイルート1982年夏』話の特集、1984年
  • 『ジャスミンを銃口に 重信房子歌集』幻冬舎、2005年
  • 『十年目の眼差から』話の特集、1983年
  • 『革命の季節 パレスチナの戦場から』幻冬舎、2012年
                                     

4.2. 文献 共編著

  • 『資料・中東レポート』1-2(日本赤軍との共編著)ウニタ書舗、1985-86年
  • 『丸岡修自述―元・日本赤軍軍事指揮官告白録』 風塵社、2013年
  • 『日本赤軍!世界を疾走した群像』和光晴生、足立正生、若松孝二、塩見孝也、聞き手:小嵐九八郎 図書新聞 2010年
  • 『天皇制と共和制の狭間で』 堀内哲編、小沢信男、日野百草、山本健治、藤田真利子、天野恵一、松田ひろむ、高橋武智、鹿島正裕他著、第三書館、2018年
  • 『重信房子の半生記』サンデー毎日連載、構成:竹中労、1985-1986年
  • 『赤軍 1969→2001総特集』足立正生夫妻、山本万里子、中山千夏、平岡正明、松田政男、平井玄他、河出書房新社、2001年
                                     

5. 関連する作品

『赤軍-PFLP・世界戦争宣言』 カンヌ国際映画祭の帰途で足立正生と若松孝二の両監督が、レバノンのベイルートに滞在する重信とPFLPの協力を得て撮影した映画。若松プロダクション製作の1971年ドキュメンタリー作品。監督は足立と若松の共同で行ない、重信は両監督とともにPFLPの日常をルポし、日本語版作品の音声も担当している。2007年ニュープリント上映された。 『オリーブの樹の下で』 ロックヴォーカリストのパンタがアコースティックユニット「響」の作品として、2007年8月に発表したアルバム。アルバム中の歌詞は重信房子とパンタとの往復書簡を利用して作詞されている。娘のメイが「母への花束」の作詞を、また Leilas Ballade (『ライラのバラード』)で英語訳詞も担当している。 『革命の子どもたち』 重信房子やドイツ赤軍のリーダーウルリケ・マインホフなどの娘達が、母親の足跡を辿るドキュメンタリー映画。2011年イギリス製作。2014年7月日本公開。
                                     

6. 関連項目

  • 日本赤軍
  • 人民新聞 - 寄稿
  • 佐々木守 - 最初の自伝『わが愛わが革命』のゴーストライター
  • ライラ・カリド
  • テロリスト
  • 重信メイ
  • 山口淑子 - 「3時のあなた」の司会者を務めていた1973年に重信への単独インタビューをおこなった。
  • ダッカ日航機ハイジャック事件
  • 新左翼
                                     
  • 重信 メイ しげのぶ メイ 1973年3月1日 - は レバノン系 パレスチナ系日本人のジャーナリスト レバノンのベイルート出生 戸籍名は奥平 メイ おくだいら メイ テロリストで元日本赤軍のリーダー 重信房子 受刑者の長女 父親はパレスチナ人の活動家で イスラエルとの闘争中にミサイル攻撃により
  • 重信 しげのぶ 日本の姓 重信房子 - 元日本赤軍のリーダー 重信 慎之介 - 読売ジャイアンツの選手 日本の男性名 足立 重信 - 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将 大隈 重信 - 武士 政治家 教育者 室伏 重信 - ハンマー投選手 指導者 日本の地名 重信 川
  • つよし 1945年7月21日 - 1972年5月30日 は 日本の新左翼活動家 テロリスト 革命家 日本赤軍創設メンバーで最高幹部 同じく日本赤軍メンバーの 重信房子 は戸籍上の妻 奥平純三は弟 重信 など関係者の手記 支援者間の会報等ではアラブ名 バーシム と書かれていることがある 山口県下関市生まれ 1960年に山口県立下関
  • 点を置き 1970年代から1980年代にかけて多数の武装闘争事件 日本赤軍事件 を起こした 1971年に共産主義者同盟赤軍派の 重信房子 奥平剛士らが結成 2001年に 重信 自身が解散を表明した 日本公安調査庁は テロ組織 と呼んでいる 1969年に結成された共産主義者同盟赤軍派 赤軍派 は 前段階
  • ムーブメント連帯 ムーブメントれんたい は 日本の新左翼党派の一つ 2000年代に日本赤軍の事実上の後継組織として結成された 日本赤軍の最高幹部 重信房子 は 2001年4月に獄中から 日本赤軍の解散 を宣言した 5月には 組織もそれを追認した しかし 日本赤軍のネットワークは依然として健在であり 同
  • 出獄し国外逃亡 釈放要求リスト7人中6人が公判中だったが 松田のみ刑が確定していた 日本赤軍参加後は 同組織最高幹部である 重信房子 の側近を務めていた時期があり その時は 重信 語録 という標題をつけた手製のメモ帳を携帯していたとの証言がある 1985年に刑法により有期懲役の時効の10年が経過したた
  • 大学在学中に赤軍派に参加 明治大学現代思想研究会で 重信房子 や上原敦男らと活動した 赤軍派では主にプロパガンダ映画の上映会などの後方支援を行っていた 1971年2月には 国際根拠地論 に基づいて パレスチナに赤軍派の海外基地を作るために日本を出国する 重信 を羽田空港で見送る
  • 1996年のオーストラリア映画 ヨシフ スターリンを題材としている 革命の子供たち 2010年の映画 - 2010年のアイルランド映画 日本赤軍の 重信房子 とドイツ赤軍のウルリケ マインホフという2 人の女性革命家の素顔と母親としての姿を それぞれの娘である 重信 メイとベティーナ ロールの視点から描いたドキュメンタリー
  • アコースティックユニットの 響 として発表 母への花束 七月のムスターファ 以外の歌詞を 解散した日本赤軍の最高指導者だった 重信房子 が書いている また 母への花束 は 重信 の娘である 重信 メイ 赤軍とは無関係 が歌詞を書いており Leila s Ballade では 英語訳詞を担当している また Leila s
  • 超法規的措置により釈放 国外脱出し日本赤軍に参加 日本赤軍参加後は同組織最高幹部である 重信房子 の忠実な側近となった時期があり 重信 を 敬愛する司令官同志 と表現したパンフレットの作成を行ったが 1975年以降の 重信 の路線に反発する和光晴生とは激しく対立 日本赤軍からの脱退届を提出した和光に対する査問
  • は 日本の革命家 共産主義者同盟赤軍派幹部 香川県立高松商業高等学校を経て明治大学二部政経学部 夜間学部 卒業 大学在学中に社会主義学生同盟に参加 明治大学現代思想研究会で 重信房子 や遠山美枝子らと活動した 東大安田講堂事件では講堂屋上に籠城し 学生らの中で最後に検挙された 1970年6月30日 よど号ハイジャック事件の事前準備を行った罪状により逮捕された

Users also searched:

...