Back

ⓘ しげの秀一. しげの 秀一 (しげの しゅういち、 本名:重野 秀一〈読み同じ〉 、1958年(昭和33年)3月8日 - )は、日本の漫画家、同人作家。新潟県十日町市松之山出身。 ..




                                     

ⓘ しげの秀一

しげの 秀一 (しげの しゅういち、 本名:重野 秀一〈読み同じ〉 、1958年(昭和33年)3月8日 - )は、日本の漫画家、同人作家。新潟県十日町市松之山出身。新潟県立十日町高等学校卒業。血液型はA型。星座はうお座。

代表作に『バリバリ伝説』、『頭文字D』。

                                     

1. 経歴

学生時代より同人活動を行っており、その作品を見た漫画家よりひおあきらを紹介されアシスタントとなる(時期としては『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』執筆時)。『増刊少年サンデー』に投稿しデビュー。数作描いたところで1981年(昭和56年)、『増刊少年マガジン』(講談社)に掲載の『おれたち絶好調』で再デビュー。アシスタント歴では石渡治、小林まことなど。

1985年(昭和60年)、第9回講談社漫画賞少年部門受賞(『バリバリ伝説』)。

                                     

2. エピソード

  • 1979年(昭和54年)7月、(社)御殿場青年会議所(御殿場JC)が周辺道路の渋滞、富士グランチャンピオンレース観戦の暴走族が周辺で集会や暴走行為を繰り返す環境の悪化による青少年への影響、省エネ時代にそぐわないことを理由に富士スピードウェイの廃止、転用を静岡県に陳情した。これにより、サーキットを廃止しゴルフ場などのレジャーランドへの転用が発表される事態となった。モータースポーツ業界は「日本モータースポーツ振興会」を立ち上げ、廃止に反対の立場を表明したため動きがなくなるが、1984年(昭和59年)再び廃止転用の動きが表面化し、1985年(昭和60年)スピードウェイの親会社である三菱地所がサーキットの廃止について言及する。レース業界はさらに「FISCO廃止問題連絡協議会」を立ち上げ、大御神レース村ガレージや富士GC選手会も参加し、一般レースファンへのPR活動などを活発に行い、レース関係者が激しく反対運動を展開した。しげの秀一は『バリバリ伝説』(『週刊少年マガジン』)のタイトル頁で、主人公・巨摩郡が「FISCOなくなったら困るぜ!みんなで反対しよう!」と呼びかける形で反対運動に賛同した。1986年(昭和61年)1月、地権者である富士スピードウェイ協力委員会が反対の意を示し、連絡協議会主催により東京でシンポジウムが開催され、神田から丸の内の三菱地所まで東京都内をデモ行進した。同年6月、小山町長に三菱地所から廃止問題についての地権者との調停依頼があり、同年7月30日、廃止問題は白紙とする旨の小山町長の裁定が下され、存続が決定し廃止騒動は収束した。
  • ハイブリッドカーに関しては好意的だが、自動運転に関しては「最悪、車がつまらなくなる」と否定的である。
  • 高校時代は校則の関係上、下駄を履いて登校していた。
  • 好きな女性のタイプは「汚れている女の子」
  • 小学生時代、同級生に頼まれてサンダーバードの絵を描いていた。サンダーバードで登場する1番好きなメカはサンダーバード2号と答えている。
                                     

2.1. エピソード バリバリ伝説

  • 単行本で入った初の印税で購入したトヨタ・AE86で、峠を走ってガードレールに突っ込む事故を起こしたことがある。その経験が後の『頭文字D』の執筆に役立っているとのこと。
  • 本編途中で聖秀吉を死なせた理由は、「存在がでかくなりすぎて主人公を喰う可能性があったから」と、『頭文字D拓海伝説』(1998年(平成10年)発売)の中のインタビューで語っている。
                                     

2.2. エピソード 頭文字D

  • テレビアニメ化された際には「3DCG合成の走行シーンが特に気に入っている」と評価した。
  • キャラクターで好きなキャラは池谷浩一郎、理由は「描けば描くほど自分の視点になっていった」から。印象に残っているシーンは拓海が京一戦前にベンツの中年と援助交際するなつきを目撃したところ(2nd Stage 第4話)と、箱根ターンパイクで行われた涼介対死神の対決(5th Stage 第9話・10話)。
  • 愛車でもあるトレノのほうを主役としていたが、実はトレノよりレビンのほうが好きと答えている。理由は「トレノの方はヘッドライトを点灯していない時の顔は男前ではない」「レビンのほうが固定式のヘッドライトなのでトレノより軽くて速い」から。
  • 上記のAE86やFD3S型RX-7など、『頭文字D』に登場するクルマを多数所有してきたが、所有してきた車で一番良かったのがスバルのインプレッサWRXクーペ・GC8V型と答えている。ただし中には頭文字Dに登場しているにも関わらずしげのが1度も所有したこともない車もあり、終盤に登場した走り屋・北条豪が搭乗している車、ホンダ・NSXNA1型は所有したことはないと答えている。
  • 舞台を群馬県にした理由は、地元と東京以外で馴染みのある場所だったから。また、自分の愛車・AE86で榛名の下りをタイムアタックしたこともある。
  • 外車に乗る走り屋は1度も登場していないが、それはしげの自身が連載開始から「外車を出さないというルール」を付けていたからである。そのルールを付けた理由は「日本製の車で日本の峠を走ってて、若い人が乗ってて、手が届くものにしたかったから」
                                     

3. 作品リスト

※ 発行は注記のない限り全て講談社。

  • トンネルぬけたらスカイ☆ブルー(1992年、『週刊ヤングマガジン』、既刊1巻・以下未刊)
  • 将(1992年、『週刊少年マガジン』、全3巻)
  • しげの秀一短編集 リリカル・ナイトストーリー(1984年刊、『週刊少年マガジン』、単巻)
  • DO-P-KAN(1992年 - 1995年、『週刊ヤングマガジン』、全10巻)
  • しげの秀一短編集 めもりい・すのー(1991年刊、『週刊少年マガジン』、単巻)
  • 頭文字D番外編 ウエストゲート2(2001年、『ヤングマガジンGT増刊』、単行本第33巻収録)
  • バリバリ伝説(1983年 - 1991年、『週刊少年マガジン』、全38巻)
  • 頭文字D(1995年 - 2013年、『週刊ヤングマガジン』、全48巻)
  • 頭文字D番外編 ウエストゲート(2001年、『ヤングマガジンGT増刊』、単行本第30巻収録)
  • 高嶺の花(2014年、『週刊ヤングマガジン』、全2巻)
  • MFゴースト(2017年 - 、『週刊ヤングマガジン』、既刊10巻)
  • ショアブレイク(読み切り作品、2000年、『ヤングマガジンアッパーズ』)
  • セーラーエース(2015年 - 2017年、『週刊ヤングマガジン』、全6巻)
                                     

4. 外部リンク

  • gazooインタビュー 漫画「頭文字D」の作者" しげの秀一” に聞いたクルマの魅力
  • ヤングマガジン公式サイト セーラーエース
                                     
  • 漫画家 の しげの秀一 の アシスタント出身であり しげの秀一 作品 トンネルぬけたらスカイ ブルー に 小林武 というキャラクターが登場する ただし 小林たけし の 画風は しげの秀一 とはほとんど似ておらず コンバット コミック 廃刊 の 同作家紹介によると小林たけし の
  • 高嶺 の 花 たかね の はな は 遠くから見るだけで 手に入れられないもの例え 高嶺 の 花 テレビドラマ - 2018年に日本テレビ の 水曜ドラマ 枠で放送されたテレビドラマ 高嶺 の 花 漫画 - しげの秀一 の 漫画作品 たかね の はな - 白雪しおんによる まんがタイムきらら に掲載された読み切り漫画作品
  • しげの秀一 による漫画作品 週刊ヤングマガジン 講談社 にて連載された青春ラブストーリー しげの 作品 の 代表作とも言える 頭文字D の 原型作品であり 主人公 の 愛車AE86スプリンタートレノと恋敵 の Z32フェアレディZが公道バトルをするシーンもある 単行本 1巻 の 収録話 の
  • 戦うJガールズ 富樫じゅん 頭文字D しげの秀一 オーバーレブ 山口かつみ 湾岸ミッドナイト 楠みちはる 暴走族 改造車 旧車會 走り屋 ヤンキー 不良少年 ヤンキー漫画 バイク漫画 自動車漫画 少年サンデー編集部編 根岸康雄取材 文  オレ の まんが道 I 漫画家インタビュー 小学館 1989年 113頁
  • DO - P - KAN どっぴぃかん は しげの秀一 による日本 の 漫画作品 1992年から1995年にかけて 週刊ヤングマガジン 通称 ヤンマガ 講談社 にて連載された 単行本は全10巻 高校陸上部が舞台となっている 南陵高校陸上部 の 北村高志とその親友である ノリ こと池田典明を中心に繰り広げられ
  • ビデオ機器のアナログ映像信号の接続規格 頭文字D ARCADE STAGE 5 - しげの秀一 の 漫画作品 頭文字D をSEGAがアーケードゲーム化したものの略称 二面体群 D5 ルート系 D5 D5 5人 の 探偵 - 2018年 の 日本映画 また これをはじめとしたメディアミックスプロジェクト D0 - D1
  • Love 小野弥夢 別冊少女フレンド 講談社 一般部門 AKIRA 大友克洋 週刊ヤングマガジン 講談社 第9回 1985年 昭和60年 度 少年部門 バリバリ伝説 しげの秀一 週刊少年マガジン 講談社 少女部門 まひろ体験 西尚美 週刊少女フレンド 講談社 一般部門 おかしな二人 さだやす圭 原作 やまさき十三 モーニング 講談社
  • 映画監督 脚本家 NHK の 1996年 の 大河ドラマ - 秀吉 NHK大河ドラマ 大阪プロレス所属 の プロレスラー - 秀吉 プロレスラー ロックバンド の 名前 - 秀吉 バンド 架空 の 人物 の 名前 聖秀吉 - 少年マガジン の 漫画 バリバリ伝説 しげの秀一 原作 の 登場人物 右代宮秀吉 - 同人ゲーム うみねこのなく頃に の登場人物
  • しげの秀一 Vol.213 決戦前夜 頭文字D 第19巻 講談社 2012年9月1日 原著2000年8月4日 電子書籍版 6頁 ISBN 4 - 06 - 336887 - 4 しげの秀一 Vol.234 決着 の ゴールへ 頭文字D 第20巻 講談社 20
  • 頭文字D の 登場人物  藤原拓海 藤原 拓海 ふじわらたくみ は しげの秀一 の 漫画 頭文字D に登場する架空 の 人物であり 同作品 の 主人公 本項において 新劇場版 と特記されている場合は2014年アニメーション映画版 頭文字D 劇場版 初代 二代目 を参照 の ことを指す トヨタ スプリンタートレノ

Users also searched:

...