Back

ⓘ 重松省三. 重松 省三 (しげまつ しょうぞう、1940年1月5日 - )は、愛媛県今治市出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ。 ..




                                     

ⓘ 重松省三

重松 省三 (しげまつ しょうぞう、1940年1月5日 - )は、愛媛県今治市出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ。

                                     

1. 経歴

今治西高校卒業後は1958年に松山商科大学へ進学し、西部地区連盟代表として、2年次の1959年から4年次の1961年にかけて日本選手権に3年連続出場を果たすが、いずれも初戦敗退に終わる。大学卒業後の1962年に西濃運輸へ入社し、主に4・5番を打って春の選抜大会に出場。シュアな中距離打者として注目を集め、同年春の都市対抗に初出場。大会終了後の8月に退社して大洋ホエールズへ入団し、11日の国鉄戦(川崎)で初出場。30日の国鉄戦(後楽園)で3番手登板の金田正一から初安打を記録。1963年から一軍に定着し、1964年には一番・中堅手の定位置を獲得。同年は自己最多の136試合に出場して打率.296(7位)・15本塁打と共に自己最高の記録を残し、自身唯一のオールスターゲーム出場を果たしたほか、ベストナインにも選出された。オールスターでは中日球場での第2戦で尾崎行雄から大会第1号本塁打を放ち、全セの2連勝に貢献。1967年10月11日のサンケイ戦(川崎)ではダブルヘッダー第1戦で佐藤進から代打サヨナラ本塁打、続く第2戦では1番として起用され、石戸四六から初回に先頭打者本塁打を放った。サヨナラ本塁打の次の試合で先頭打者本塁打を放ったのはセ・リーグ史上2人目であり、第1戦で放ったサヨナラ本塁打はプロ野球通算333号サヨナラ本塁打となった。その後もチャンスメーカーとして活躍し、1968年からは3年連続で2桁本塁打を記録。1970年・1971年には規定打席に到達し、1971年7月12日の阪神戦(甲子園)で通算1000試合出場を達成。1973年からは出場機会が徐々に減っていき、1975年限りで現役を引退。

引退後は大洋で一軍コーチ(1976年)、二軍外野守備・走塁コーチ(1977年)、二軍打撃コーチ(1978年 - 1979年, 1987年 - 1988年)、スカウト(1980年 - 1986年)を歴任。スカウト時代はカルロス・ポンセの獲得に尽力し、1989年からフロント入り。

                                     

2.1. 詳細情報 表彰

  • ベストナイン:1回 (外野手部門:1964年)
                                     

2.2. 詳細情報 背番号

  • 74 (1977年 - 1979年)
  • 65 (1962年)
  • 32 (1963年 - 1966年)
  • 6 (1967年 - 1972年)
  • 30 (1976年)
  • 70 (1987年 - 1988年)
  • 9 (1973年 - 1975年)
                                     
  • 年 秋山登ヘッドコーチの発案でユニフォームが山下の出身地である静岡県の名産であるお茶とみかんをモチーフにしたデザインに変更された 当時の主力だった 重松省三 が週刊ベースボールのユニフォーム物語のインタビューで あのころは静岡でキャンプしていたから 静岡のお茶にみかんの組み合わせがユニフォームにふさわし
  • この年の大洋ホエールズは 別当薫監督の3年目のシーズンである 別当監督1年目は5位 2年目3位と順位を上げていくチームはこの年から中塚政幸を外野手にコンバートし 1番には 重松省三 3番には松原誠 4番には江尻亮が入るなど戦力を一新 攻撃型オーダーでスタートしたチームだが 開幕ダッシュには程遠く4月は首位の巨人と3ゲーム差な
  • 大城戸功 剣道教士八段 元剣道世界チャンピオン 岡田敦子 プロキックボクサー プロボクサー 青野令 スノーボード選手 松尾智佳 女子競輪選手 重松省三 プロ野球選手 川上裕子 広島ホームテレビアナウンサー 大下香奈 元テレビ愛媛アナウンサー 歌手デビューを果たす 荻山恭平 NHKアナウンサー
  • 回 1988 1993 2011 2013 2016 2017年 JABA伊勢 松阪大会 優勝4回 1973 1974 1975 1990年 重松省三 外野手 - 1962年に大洋ホエールズに入団 辻恭彦 捕手 - 1962年に阪神タイガースに入団 若月宏之 投手 - 1966年ドラフト外で中日ドラゴンズに入団
  • 黒鷲の亀田忠が対ライオン戦の7回 日本タイ記録の1イニング6与四死球 押し出し2 を記録 1月13日 - 翼と名古屋金鯱軍が球団合併し 大洋軍となる 1月5日 - 重松省三 1月5日 - 丸山完二 1月21日 - 西脇興司 2月1日 - 藤井栄治 2月3日 - 城之内邦雄 3月10日 - 足立光宏 3月15日 - 佐々木吉郎
  • 今治市長 元愛媛県議会議員 おおたけ貴恵 - 東京都昭島市市議会議員 原島秀毅 - 元駐マレーシア特命全権大使 重松 惠三 - 元陸上自衛隊東部方面総監 黒川敦彦 - 政治活動家 つばさの党代表 河上道雄 - 元プロ野球選手 重松省三 - 元プロ野球選手 高井保弘 - 元プロ野球選手 代打本塁打日本記録保持者 武田勇 - 元プロ野球選手
  • 重松 森雄 しげまつ もりお 1940年6月21日 - は 日本のマラソン選手 福岡県出身 1965年に世界最高記録を樹立した 福岡県立福岡工業高等学校を卒業して 1959年九電工に入社する 1960年に熊日30キロロードレースで当時の日本記録で優勝 九州一周駅伝などのレースに出場するが 1
  • それ以上の処分はなかった 1965年には打率.288でベストテン6位という好成績を残したが 打撃にムラがあり 守備と脚力に難があったため その後も 重松省三 らとのレギュラー争いが続く 1966年オフに大洋は広島に大石清獲得を申し出るが 広島側が交換相手として長田を要求するものの決裂 結局 大石の低迷に
  • 授が終戦直後古本屋で手に入れた一冊 第二巻 第五号 のみしか見つかっていなかったためである ところが 1978年 昭和53年 5月 長浜高等学校の 重松省三 教諭が松山市垣生の村上霽月邸にて12冊を発見した これにより 現存する シブキ は 以下の12種である 明治三十八年六月発行 第一巻 第二号 明治三十八年七月発行 第一巻 第三号
  • 藤猪 省太 ふじい しょうぞう 1950年5月11日 - は 日本の柔道家 1970年代から80年代にかけて一世を風靡した名選手である 旧姓名 藤猪 省三 読み同じ 香川県大川郡大内町 現在の東かがわ市 出身 大内町立大川中学校 現在の東かがわ市立大川中学校 在学中に柔道を始める 藤猪本人は大相
  • 2014年 1938年 - グギ ワ ジオンゴ 作家 1939年 - 福塚勝哉 元プロ野球選手 1939年 - 井奥貞雄 国会議員 1940年 - 重松省三 元プロ野球選手 1940年 - 丸山完二 元プロ野球選手 1941年 - 宮崎駿 アニメーション作家 1941年 - 竹田利秋 高校野球指導者 1942年

Users also searched:

...