Back

ⓘ 重松直樹. 重松 直樹 (しげまつ なおき、1977年12月24日 - )は、埼玉県出身の元フィギュアスケート選手で現在はコーチ、日本フィギュアスケーティングインストラクター協 ..




                                     

ⓘ 重松直樹

重松 直樹 (しげまつ なおき、1977年12月24日 - )は、埼玉県出身の元フィギュアスケート選手で現在はコーチ、日本フィギュアスケーティングインストラクター協会役員(総務部スタッフ)も務める。主な活動場所は東伏見アイスアリーナ。浦和学院高等学校、日本大学経済学部卒。

                                     

1. 経歴

  • 2010年春より活動拠点を明治神宮外苑アイススケート場から東伏見アイスアリーナに移している。
  • スケートを始めたきっかけは、ダイエー(新松戸店)が出来たときに新聞に併設されていたスケート教室(現存せず)のチラシが入っていて、それを見て家族5人全員で入った。3人兄弟の次男で長男は宗隆、三男は知憲。元新松戸DOSCアカデミー所属。昔の選手ではブライアン・オーサー、ブライアン・ボイタノが好きで、小さい頃からよく見ていたと答えている。
  • 現在はコーチとして活躍中で、主な教え子には2009年全日本ジュニア準優勝の中村健人、2007年全日本ジュニアチャンピオンの無良崇人、水津瑠美、JGP SBC杯優勝の庄司理紗らがいる。
  • 1993-1994年シーズンの世界ジュニアフィギュアスケート選手権で2位となり注目を集める。翌1994-1995年シーズンの全日本フィギュアスケートジュニア選手権で優勝。世界ジュニア選手権ではショートプログラムではミスが目立ち8位。一方、シニアの全日本フィギュアスケート選手権では2位となり、世界フィギュアスケート選手権に出場したが23位となった。
  • 1997-1998年シーズン、長野オリンピックの残り1枠を賭けた第66回全日本フィギュアスケート選手権で田村岳斗に敗れ2位となり、オリンピック出場は適わなかった。2000年四大陸フィギュアスケート選手権を最後にアマチュア引退。
                                     

2. 外部リンク

  • 日本フィギュアスケーティングインストラクター協会
  • ダイドードリンコアイスアリーナ
                                     
  • 2010年四大陸フィギュアスケート選手権日本代表 2009 2010 ISUジュニアグランプリファイナリスト 1998年 7歳からフィギュアスケートを始める 重松直樹 コーチに師事し 後に樋口豊コーチに師事 2010年の全日本Jr.選手権では木原龍一 日野龍樹らを抑えて初優勝 2011 - 12シーズンからシニアに転
  • 被爆者 重松 静馬の 重松 日記 と被爆軍医 岩竹博の 岩竹手記 を基にした作品であり 主人公の名前も 重松 静馬の名を基にしている 重松 日記 は井伏の死後 2001年に筑摩書房から刊行された 広島市への原子爆弾投下より数年後の広島県東部 神石郡小畠村 閑間 重松
  • 流星ワゴン りゅうせいワゴン は 重松 清による長編小説 2001年1月号から12月号まで講談社の月刊小説誌 小説現代 に連載され 2002年2月8日に講談社から単行本が刊行された 直木賞受賞 ビタミンF で2000年下半期 後初の長篇である 2002年度の本の雑誌年間ベスト1に輝いた 200
  • 今大会の結果により 1999年四大陸フィギュアスケート選手権への派遣選手が決定され 四大陸選手権後に1999年世界フィギュアスケート選手権への派遣選手が発表された 派遣選手は以下の通り 四大陸選手権において 重松 は事前に棄権 補欠の田村は準備不足で出場しなかった 全日本フィギュアスケート選手権 新横浜プリンスホテルスケートセンター
  • VE 丹野基樹 木村雄 渡辺勇気 涌田真也 島真理子 鈴木拓也 小原憲 高井田充 重松 敦 鈴木卓也 以前は音声 音声 笠原祥希 谷口健二 目野綾子 村本達也 弥 重松 敦 佐々木瑠美 村本達弥 吉田奈央 近藤良弘 岩瀬靖生 インジェスト 福谷亮 石井司 スタジオ技術 TD SW 大嶋徹
  • 鎌田家の近所 - 赤星昇一郎 検視官 - 倉持一裕 カメラマン - 奈良坂篤 秋元しおり 四つ葉学園 元児童 19年前失踪 - 今泉彩良 リポーター - 重松 和世 チカの秘書 - 松之井綾 ネットカフェ店員 - 星耕介 アシスタント - 池田優菜 記者 - 鈴木誠克 高梨時雄 ネイルサロン ウィステリアパール 副社長
  • 第2回 : 筑紫哲也 佐野眞一 崔洋一 田中優子 第3回 - 第6回 : 筑紫哲也 佐野眞一 崔洋一 田中優子 重松 清 第6回は筑紫哲也欠席 第7回 - 第9回 : 佐野眞一 崔洋一 田中優子 重松 清 茂木健一郎 筑紫哲也は 第7回募集告知には選考委員として名を連ねていたが 2008年死去のため選考には加わっていない
  • Pool は共に休載されている 柳美里が編集同人から外れて以降 しばらく 人体制が続いたが No.34より 重松 清が新たに編集同人として参加している 主に このひとについての一万六千字 の連載を担当し 伊集院静 浦沢 直樹 是枝裕和 いとうせいこうといった文化人などを自ら取材し 記事を書いている
  • 湯江健幸 仙川班 第1係 係長 仙川登 警部補 33歳 - 平田満 渡辺 巡査部長 - 菊地太 山口 巡査長 - きくち英一 輪島 巡査 - 重松 収 鶴田 巡査 - 伊藤克信 青田 巡査 - 古藤芳治 その他 千草警察署刑事課長 坂東清五郎 警部 52歳 - 財津一郎 安達純一 安達係長の息子
  • 動 の中沢と 静 の広瀬を巧みに描き分けたその文体は特筆すべきものがあり 思春期の若者たちを的確に捉えたその密度は 重松 清に勝るとも劣らず 細部にいたるまで丹念に描かれている この作品が今なお読み継がれているのは その徹底的な描写に加えて 溢れんばかりのユーモアとサデ

Users also searched:

...