Back

ⓘ 経済学 - 経済学, 農業経済学, 厚生経済学, 行動経済学, 環境経済学, 博士(経済学) ..




                                               

経済学

経済学 (けいざいがく、英: economics )とは、経済についての学問領域のこと。原語であるeconomicsという語彙は、新古典派経済学者アルフレッド・マーシャルの主著『経済学原理』(英: Principles of Economics, 1890年)によって誕生・普及したとされている。 "オイコノミコス

                                               

農業経済学

農業経済学 (のうぎょうけいざいがく、英: agricultural economics )は、農学あるいは経済学の一分野。本稿では、農業経済学を教授・研究する学科である 農業経済学科 (のうぎょうけいざいがっか)についても記す。

                                               

厚生経済学

厚生経済学 (こうせいけいざいがく、英: Welfare economics )とは、経済学の規範理論(英: normative theory )的研究の総称である。厚生経済学はミクロ経済学の主要な一分野として位置づけられ、記号論理学の手法が積極的に用いられる一方で、倫理学とも密接な関係がある。また、アロー以降の厚生経済学は、社会選択理論(英: social choice theory )とかなりの程度で同義である。 ケネス・アロー(1972年ノーベル賞受賞)やアマルティア・セン(1998年ノーベル賞受賞)らは、厚生経済学を「現実的あるいは仮想的な経済システムや経済政策を批判的に検討し、人々の福祉の観点からその性能を改善するために、代替的な経済システムや経済政 ...

                                               

行動経済学

行動経済学 (こうどうけいざいがく、英: behavioral economics )とは、経済学の数学モデルに心理学的に観察された事実を取り入れていく研究手法である。 行動経済学は当初は主流派経済学に対する批判的な研究として生まれたが、1990年代以降の急速な発展を経て米国では既に主流派経済学の一部として扱われるようになった。 なお、通常は「行動経済学」といえば第二世代以降の行動経済学(新行動経済学)を指すが、本記事では第一世代の行動経済学(旧行動経済学)についても併せて解説する。

                                               

環境経済学

環境経済学 (かんきょうけいざいがく、英: environmental economics )は環境問題を扱う経済学の一分野である。具体的課題としては、地球温暖化対策、廃棄物処理とリサイクル、森林破壊、生物多様性の保全などを扱った研究が多い。既存の経済学を前提として、環境問題に対してその応用分析を行う「環境の経済学」と、環境問題によって既存の経済学の枠組み自体が問い直されているという認識に基づく「環境と経済の学」に大別できる。

                                               

博士(経済学)

博士(経済学) (はくし けいざいがく)は、博士の学位であり、経済学に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。 1991年以前の日本では、 経済学博士 (けいざいがくはくし)という博士の学位が授与されており、経済学博士は、現在の「博士(経済学)」とほぼ同じものである。大学院によっては、博士(経済学)の中に、博士(経営学)や博士(商学)の対象とする研究領域を含んでいる場合が多い。 経済学博士は、1920年(大正9年)の学位令改正により追加された。それ以前は、法学博士の中に経済学の研究に関するものが含まれていた。日本で初めて経済学博士を授与されたのは、寺島成信(1923年。授与機関は東京 ...

                                     

ⓘ 経済学

  • 経済学 けいざいがく 英: economics とは 経済 についての学問領域のこと 原語であるeconomicsという語彙は 新古典派 経済学 者アルフレッド マーシャルの主著 経済学 原理 英: Principles of Economics, 1890年 によって誕生 普及したとされている オイコノミコス
  • 農業 経済学 のうぎょうけいざいがく 英: agricultural economics は 農学あるいは 経済学 の一分野 本稿では 農業 経済学 を教授 研究する学科である農業 経済学 科 のうぎょうけいざいがっか についても記す 農業 経済学 は 農業 農村について社会科学的側面を研究対象としている
  • 経済 システムや 経済 政策の設計および実装を企てる 経済学 の一分野 と定義している 厚生 経済学 の名称はアーサー セシル ピグーが1920年に出版した著書 厚生 経済学 において初めて使用されたが 現代ならば厚生 経済学 と称されるであろう研究は少なくともアリストテレスの時代から連綿と道徳哲学ないし倫理 学
  • 提案したが それらの多くは一般性を欠いていたため 現在の行動 経済学 に受け継がれることはなかった しかし 人間の 経済 行動がヒューリスティックスや行動バイアスにより定型的に左右されるという旧行動 経済学 者の基本的な人間観は 現在の新行動 経済学 にも踏襲されている
  • 究が多い 既存の経済学を前提として 環境問題に対してその応用分析を行う 環境の 経済学 と 環境問題によって既存の 経済学 の枠組み自体が問い直されているという認識に基づく 環境と 経済 の 学 に大別できる 環境 経済学 は 経済学 の一分野であり そのフレームということに拘れば 18世紀にまで遡る意外と古い学
  • 経済学 の中に 博士 経営 学 や博士 商学 の対象とする研究領域を含んでいる場合が多い 経済学 博士は 1920年 大正9年 の学位令改正により追加された それ以前は 法学博士の中に 経済学 の研究に関するものが含まれていた 日本で初めて 経済学
  • 学士 経済学 がくし けいざいがく 英 BEc, Bachelor of Economics は 学士の学位の一つ 経済学 系統の学位としては修士 経済学 博士 経済学 がある 主に 四年制大学の政治 経済学 部 経済学 科 経済学 部各学科の卒業生に授与される学位であるが 独立行政法人大学評価 学位授与機
  • 経済学 マクロ 経済学 計量 経済学 労働 経済学 教育 経済学 医療 経済学 産業組織論 環境 経済学 組織の 経済学 都市 経済学 行動 経済学 など幅広い 経済学 の知識が必要とされることから 開発 経済学 は 経済学 の十種競技 と呼ばれる 理論開発 経済学 者の第一人者の一人であるDilip
  • 日本においてマルクス 経済学 が主流であった時代に用いられるようになった 日本では 経済学 は長く 近代 経済学 と マルクス 経済学 に分かれ 歴史的にはマルクス 経済学 の影響が強いという側面があった 経済学 部においても前者を研究教育する大学と後者を研究教育する大学の二つに分かれていた 対比の対象であったマルクス 経済学 の衰退後 この呼称を用いない傾向にある
  • 経済学 の分野であり 経済 全体に着目するマクロ 経済学 と併せて理論 経済学 の2つの柱になっている ミクロ 経済学 の手法によって導き出された理論的帰結は 計量 経済学 実験 経済学 などの実証 経済学 によって検証される必要がある ミクロ 経済学 は 公共 経済学 国際 経済学 産業組織論 労働 経済学 金融 経済学
  • 18世紀の初頭に アダム スミスは重商主義者の立法がもたらす 経済 的効果を議論した その後も 独占禁止法や証券取引法などの分野においては 経済学 的アプローチが用いられた しかし近年まで 経済学 が 市場外の活動を調整する法律の分析に適用されることはなかった 1961年に ロナル
  • 経済 分析の対象となる市場は 生産物 財 サービス 市場 貨幣 資本 債券 市場 労働市場に分けられる 対語は 経済 を構成する個々の主体に着目するミクロ 経済学 マクロ 経済 とミクロ 経済 との二分法を最初に考案したのは ノルウェーの 経済学 者ラグナル フリッシュ ミクロ 経済学 と マクロ 経済学

Users also searched:

...
...
...