Back

ⓘ 言語学 - 言語学, 計算言語学, 個別言語学, 理論言語学, 歴史言語学, 応用言語学 ..




                                               

言語学

言語学 (げんごがく、英: linguistics )は、人文科学の一分野である。ヒトが使用する言語(自然言語や人工言語)の意味や構文などを、科学的手法を用いて研究する。

                                               

計算言語学

計算言語学 (けいさんげんごがく、英: computational linguistics )とは、形式性を重視する言語学の一分野である。自然言語処理と共に「理科系言語学」と称される。 類似名称の言語学分野に計量言語学があるが、計量言語学は統計的な手法により自然言語を研究する分野であり計算言語学とは異なる。

                                               

個別言語学

個別言語学 (こべつげんごがく)とは、個別言語について研究する学問、すなわち日本語学、英語学、フランス語学などの総称的ないし通称的名称である。個別言語学という名を持つ、独立した学問のシステムが存在する訳ではない。

                                               

理論言語学

理論言語学 (りろんげんごがく、英語:theoretical linguistics)は、以下の2つの用法がある。

                                               

歴史言語学

歴史言語学 (れきしげんごがく、英語:historical linguistics)とは、言語の歴史的変化の様子とその要因を研究の対象とする、言語学の一分野である。 現在(または過去のある時点で)用いられる言語を対象とする共時言語学に対して、 通時言語学 (つうじげんごがく)ともいう。

                                               

応用言語学

応用言語学 (おうようげんごがく、英語:applied linguistics)とは、言語と個人・社会に関わる問題を発見し、調査し、解決策を提供する学際的な分野である。理論言語学が「言語の構造」を対象としているのに対し、応用言語学は言語に関する人間行動(=言語行動)をマクロ的に捉えている。 応用言語学に関連する学問分野として、教育学、心理学、人類学、社会学などが挙げられる。

                                     

ⓘ 言語学

  • 言語学 関連の学会等で音声 言語 とともに手話 言語学 者の研究報告がプログラムにのぼることも珍しくない 応用 言語学 文体論 対照 言語学 言語 類型論 心理 言語学 計量 言語学 計算 言語学 比較 言語学 社会 言語学 神経 言語学 言語 人類学 民族 言語学 一般 言語学 と個別 言語 の研究 英 語学 日本 語学 など ソシュール学説
  • 個別 言語学 こべつげんごがく とは 個別 言語 について研究する学問 すなわち日本 語学 英 語学 フランス 語学 などの総称的ないし通称的名称である 個別 言語学 という名を持つ 独立した学問のシステムが存在する訳ではない 人間の 言語 の現象一般を 普遍的な立場より研究するものが 言語学 であるに対し 個別 言語学 は 個々の個別言語を研究対象とする学
  • 計算 言語学 けいさんげんごがく 英: computational linguistics とは 形式性を重視する 言語学 の一分野である 自然 言語 処理と共に 理科系 言語学 と称される 類似名称の 言語学 分野に計量 言語学 があるが 計量 言語学 は統計的な手法により自然 言語 を研究する分野であり計算 言語学 とは異なる
  • 理論 言語学 りろんげんごがく 英語 theoretical linguistics は 以下の2つの用法がある 研究対象を特定の 言語 に限定せず 言語 一般を対象とし そこに共通してみられる普遍的な事象を扱うことで 人類の 言語 一般に潜む諸性質 法則などの発見を目的とする 言語学 である 個別 言語学 と対比される 一般言語学 General
  • 歴史 言語学 れきしげんごがく 英語 historical linguistics とは 言語 の歴史的変化の様子とその要因を研究の対象とする 言語学 の一分野である 現在 または過去のある時点で 用いられる 言語 を対象とする共時 言語学 に対して 通時 言語学 つうじげんごがく ともいう 狭義には 個別 言語
  • Linguistics 言語学 習 応用 言語学 ジャーナル を発行した こうして 言語 問題への関心を主とすることによって 応用 言語学 は社会的責任を担う役割を維持し 次第に国際的学問へと急速な発展を遂げた 当初は 言語学 を基盤とした原理および実践 と見なされ 少なくとも当該分野の外側からは 言語学
  • 言語学 者 げんごがくしゃ とは 言語学 を専攻する研究者のこと 広く 言語 について研究を行っている者を言うこともある 多くの言葉を話す人のことではない この項目は 日本及び外国の 言語学 者の一覧である あ 愛新覚羅烏拉熙春 吉本智慧子 契丹語 女真語 満洲語 青木直子 第二 言語 習得 朝倉季雄 フランス語
  • 社会 言語学 しゃかいげんごがく 英語 sociolinguistics は 言語 コミュニケーションを人間 文化 社会との関わりで見ようとする応用 言語学 の一分野 例えば 話者の生活する地域 階級 性別 など様々な社会学的要因との相関で 言語 現象を見ようとするミクロなアプローチと共に 一 言語
  • 博士 言語学 はくし げんごがく は 日本の博士の学位である 言語学 日本語 英語など に関する専攻分野を修めることによって 1991年 平成3年 以降に日本の大学で授与されるものである 1991年 平成3年 以前の日本では授与されておらず 言語学 博士 という学位の種類は日本では規定されていな
  • 言語学 的再構 英: Linguistic reconstruction は再建とも 言 い 文献に残っていない時代の 言語 や祖語を理論的に推定し 再構築 復元 することを指す 再構形にはアステリスク を付ける 再構はあくまで推定に過ぎない 例えばロマンス語の祖語はラテン語であるが 現代のロマンス

Users also searched:

...
...
...