Back

ⓘ 宗教学 - 宗教学, 宗教学者, 比較宗教学, 宗教地理学, 日本宗教学会, 新宗教 ..




                                               

宗教学

宗教学 (しゅうきょうがく、英語: Religious studies )は、経験科学の様々な手法を用いて宗教を研究する学際的な学問である。ドイツ語圏では" Religionswissenschaft ”、オランダ語では" godsdienstwetenschap ”、英語圏の国々においては、 "science of religion" 、または "history of religions" という名称の下に近代の大学制度に成立するが、近年は "religious studies" 、 "study of religion" が用いられることが多い。 もともとは神学の一部であったが独立し、キリスト教の神学以外の分野を対象とするかたちで、民俗宗教から新宗教まで、幅広く研究する学問分野である。現在では研究手法により、宗教社会学・比較宗教学・宗教心理学 ...

                                               

宗教学者

宗教学者 (しゅうきょうがくしゃ)とは、宗教学を専攻する研究者である。

                                               

比較宗教学

比較宗教学 (ひかくしゅうきょうがく、英: comparative religion )とは、宗教学の分野で神話、儀式、概念の類似点と相違点を相対的に比較しようとする。 比較宗教学の観点では世界宗教をアブラハムの宗教、インド宗教(Dharmic、en:Indian religionsも参照)、東アジア宗教(Taoic、en:East Asian religionsも参照)の三つに分類し、他の分野も比較する。

                                               

宗教地理学

宗教地理学 (しゅうきょうちりがく、英語: geography of religion )は、宗教を取り扱う人文地理学の一分野である。宗教を文化の一部として、宗教地理学を文化地理学の一分野とみることも可能である。 宗教が果たす役割でもある世界観についての各地域ごと差異の研究や聖書などの聖典の地理的な記述の分析など宗教学の一分野をさす事もあるが、通常地理学では、宗教の持つ社会的役割に着目し宗教と国家、文化、社会、景観などの関係性を探る分野である。一般的にも、宗教地理学といった場合後者をさす事がほとんどである。 具体的には、宗教の地理的分布、宗教におけるタブーとされる行為の地域性の考察、宗教が社会階層、人口政策、政治紛 ...

                                               

日本宗教学会

日本宗教学会 (にほんしゅうきょうがっかい、英語: Japanese Association for Religious Studies )は1930年に設立された日本の哲学系の学会。日本哲学系諸学会連合を構成する日本の大規模な哲学系6学会の1つで、会員は1600人以上とされる。日本宗教研究諸学会連合の運営委員を選出する5学会の1つ。日本学術会議協力学術研究団体のひとつ。International Association for the History of Religions 会員。東京都文京区に事務局を置く。

                                               

新宗教

新宗教 (しんしゅうきょう、英: New religious movement )とは、伝統宗教と比べて比較的成立時期が新しい宗教のこと。国ごとに言葉の意味や捉え方が異なる。 新興宗教 (しんこうしゅうきょう)とも呼ばれる。 日本では、幕末・明治維新による近代化以後から近年(明治以降)にかけて創始された比較的新しい宗教のことをいうが、江戸時代に起源をもつところもあり、それなりの歴史と伝統を確立している団体も多い。 実に多種多様な団体を包括した用語であり、伝統宗教と比べて比較的新しいというだけで、すべての団体にあてはまる概念、背景等の共通点は、成立時期のほかには存在しない。 2000年代以後の現在、日本において一定規模で持続 ...

                                     

ⓘ 宗教学

  • 宗教学 の研究であると同時に社会 学 心理 学 文化人類 学 等それぞれの研究であるとも言える 世界の 宗教 の一覧 神の一覧 神学 宗教 哲学 宗教 社会 学 比較 宗教学 宗教 心理 学 宗教 人類 学 宗教 民俗 学 宗教 教育 宗教 家 民俗 宗教 新 宗教 密教研究会 宗教 哲学会 日本 宗教学 会 大正大学 宗教学 会 印度 学 宗教学 会
  • 宗教学 者 しゅうきょうがくしゃ とは 宗教学 を専攻する研究者である 宗教学 の学説史に顕著な業績を残した学者の一覧 神学者や 宗教 哲学者は原則として含めない 顕著な 宗教学 的業績があれば含める 故人に限る 没年順 ロバートソン スミス 1846 - 1894 宗教 史学者
  • 比較 宗教学 ひかくしゅうきょうがく 英: comparative religion とは 宗教学 の分野で神話 儀式 概念の類似点と相違点を相対的に比較しようとする 比較 宗教学 の観点では世界 宗教 をアブラハムの 宗教 インド 宗教 Dharmic en: Indian religionsも参照 東アジア 宗教 Taoic en: East
  • 会員 東京都文京区に事務局を置く 日本 宗教学 会は1930年に設立された 1905年の東京大学をはじめとして諸大学に 宗教学 講座が設置されてきていた動向 仏教系 キリスト教系 神道系の私立諸大学の認可 またそれに応じた日本の 宗教学 者の増加などが学会設立の背景にあった 磯前順一によれば 当時の日本共産党の反 宗教
  • 宗教学 の一分野をさす事もあるが 通常地理 学 では 宗教 の持つ社会的役割に着目し 宗教 と国家 文化 社会 景観などの関係性を探る分野である 一般的にも 宗教 地理 学 といった場合後者をさす事がほとんどである 具体的には 宗教 の地理的分布 宗教 におけるタブーとされる行為の地域性の考察 宗教
  • 宗教学 的に 宗教 に関する基礎的知識を教授できることとしている 公的教育に対し 私立学校では 特にキリスト教や仏教などの 宗教 団体が運営する学校では道徳科目と同じ位置づけで 聖書や仏典などについて必修科目として 宗教 に関する基礎的知識を教授している所が多い これらの 宗教
  • 日本平和神軍 一神 教学 会 新和土大神 スブド 蓮門教 東 学 韓国系 太陽寺院 J - House 空飛ぶスパゲッティ モンスター教 大黒教 ネオペイガニズム ウィッカ シニリズム 新興 宗教 コトバンク 石井研士 プレステップ 宗教学 弘文堂 2010 p130 a b 井上順孝 人はなぜ新 宗教 に魅かれるのか 三笠書房 2009 p18
  • 宗教学 とも異なり 宗教 一般の本質ないし あるべき姿を探求するとともに 宗教 を理性にとって納得のゆくものとして理解することを目的とする 様々な方向性をもった考察がある 以下にいくつか挙げる 宗教 は絶対依存の感情であって 神 すなわち 無限に対するあこがれである シュライエルマッハー 宗教
  • 宗教 社会 学 しゅうきょうしゃかいがく 英語: sociology of religion とは 宗教学 及び社会 学 の研究分野の一つ 方法論としては 宗教学 的な立場から社会を読み解く 宗教学 的 宗教 社会 学 と 社会学者が 宗教 を理論的に解明しようとする 社会学的 宗教 社会 学
  • 19世紀から20世紀にかけて 比較 宗教学 の発展に伴い世界 宗教 という分類が定義された たとえば 下記は 宗教学 の学者による分類の一例である 世界 宗教 - 文化 英語版 の境界を越え 多くの国において信仰される 宗教 土着 宗教 - 世界 宗教 と比べてより小さく 特定の文化あるいは特定の国で信仰される 宗教 新 宗教 - 世界 宗教 土着 宗教 と比べてより新しく形成した宗教
  • 学 や経済 学 心理療法に仏教思想を導入する これまでの文献 学 や史学とは異なる応用仏 教学 が成立した 凝然 八宗綱要 仏 教学 への道しるべ 大谷大学仏 教学 会編 文栄堂 1980年 仏教研究入門 平川彰著 大蔵出版 1984年 CiNii 仏 教学 INBUDS 仏 教学 鷹谷俊之 仏 教学

Users also searched:

...
...
...