Back

ⓘ 図書館情報学 - 図書館情報大学, 日本図書館情報学会, 図書館学, 図書館情報学用語の一覧, 情報検索, 図書館情報学, 図書館資料 ..




                                               

図書館情報大学

図書館情報大学 (としょかんじょうほうだいがく、英語: University of Library and Information Science 、公用語表記: 図書館情報大学 )は、茨城県つくば市春日一丁目2番地に本部を置いていた日本の国立大学である。1979年に設置され、2004年に廃止された。大学の略称は図情大(とじょうだい)、あるいは図情(とじょう)。 2002年に筑波大学と合併し、校地は 筑波大学春日エリア となった。2004年に完全統合され、閉学した。同窓会は、図書館情報学橘会である。

                                               

日本図書館情報学会

日本図書館情報学会 (にほんとしょかんじょうほうがっかい)は、図書館情報学に関わる日本の学会である。 前身は1953年(昭和28年)に設立された 日本図書館学会 。1998年(平成10年)に名称を日本図書館情報学会に改めた。 図書館情報学の進歩発展に寄与することを目的とし、論文誌『日本図書館情報学会誌』(年4回刊行)、『日本図書館情報学会報』、『日本図書館情報学会メールマガジン』を刊行するほか、学会員の顕彰事業、研究助成事業、国際文献交流事業等を行う。毎年の行事として、研究大会(年1回)、春季研究集会(年1回)を開催する。 2017年3月時点の会員数は個人会員736名、機関会員42団体である。

                                               

図書館学

図書館学 (としょかんがく、英語:library science、librarianship)とは、図書館に関係する技術・運営・思想などの諸要素を対象とする学問のことである。 図書館学は、図書館について取り扱う学問と捉えられるものの、図書館が人々の学習・教育・研究に関係性を有しているため、人々が行う知的な諸活動に関しても図書館学における研究対象とされることがある。 なお、「図書館と情報」の関わりが深いことに鑑みて、図書館と情報を一体的に扱う 図書館情報学 (としょかんじょうほうがく、英語:library and information science)という学問もある。図書館学と図書館情報学の間には、諸研究の編成体系・分野区分などに若干の違いがあるとも ...

                                               

図書館情報学用語の一覧

図書館情報学用語の一覧 (としょかんじょうほうがくようごのいちらん)は図書館情報学で使用される用語の一覧である。 目次: Top - 0–9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

                                               

情報検索 (図書館情報学)

情報検索 (じょうほうけんさく)とは、必要な特定の情報を探す技術および学問である。 元来は図書館の蔵書や各種文書・文献を探すことを意味し、製本された索引誌やカードを用いて検索をおこなった。それがコンピュータによる検索に発展し、インターネットにおける検索エンジンの登場を経て現代にいたっている。 情報検索のソフトウェア・ハードウェア技術については情報検索の項にゆずり、ここでは図書館情報学的立場から、情報検索のコンテンツを中心に述べる。

                                               

図書館資料

図書館資料 (としょかんしりょう)とは、図書館に備え付ける資料のことである。 一般的に図書館が備え付ける資料は、図書が基本であるが、図書館資料には、図書以外のものも含まれる。具体的には、図書館法(昭和25年法律第118号)の第3条第1号などで、郷土資料、地方行政資料、美術品、レコード、フィルムの収集にも十分留意した図書、記録、視覚聴覚教育の資料その他必要な資料などと定義されている。図書館情報学の見地からは、図書などの印刷資料と各種メディアに大分される。各種メディアとは電子書籍、CD、DVD、ビデオ、紙芝居、デジタル化資料(デジタルアーカイブ)などを指し、識者によってはインターネット情報源を含める場合もあ ...

                                     

ⓘ 図書館情報学

  • 図書 記録 視覚聴覚教育の資料その他必要な資料などと定義されている 図書館情報学 の見地からは 図書 などの印刷資料と各種メディアに大分される 各種メディアとは電子書籍 CD DVD ビデオ 紙芝居 デジタル化資料 デジタルアーカイブ などを指し 識者によってはインターネット 情報 源を含める場合もある
  • 文部省 図書館 講習所 もんぶしょうとしょかんこうしゅうじょ は日本の戦前期の 図書館 職員養成機関である 図書館情報 大学 およびその後身である筑波大学 図書館情報 専門 学 群および同大学院 図書館情報 メディア研究科の源流となる機関の一つである 1921年6月 東京美術学校構内に文部省 図書館
  • その後 駿河台大学以外の国内の大学においても文化 情報学 部が開設されたが 全てに共通している点として 文化 情報 資源を対象としている ということを挙げることができる 当初は文 書館 学 や 図書館情報学 の色合いが強かったが 2005年 平成17年 に開設した同志社大学の文化 情報学
  • 図書館情報学 - 図書館 学 - 情報学 図書館 情報 情報 デザイン インフォグラフィック ファインダビリティ リチャード ソール ワーマン ユーザーエクスペリエンス パターンランゲージ グラフィックデザイン World Wide Web ルイス ローゼンフェルド ピーター モルヴィル Web 情報
  • ロシア国立図書館 モスクワ 国立国会図書館 国立国会図書館関西館 国際子ども図書館 資料組織論や図書分類法など図書館の運営を研究する 図書館 学 が古くからある また近年 図書館 学 と 情報学 を融合させた社会学的な 図書館情報学 も研究されている 清水 2014. メノカル 2005, pp. 30 - 32. a b History
  • 2007年開設 情報学 部 ではなく 情報学 群 筑波大学では 情報学 群 の下に 情報 科学類と 情報 メディア創成 学 類 知識 情報 図書館 学 類が設置されている 2007年度の 学 群 学 類再編の際に 図書館情報 専門 学 群 図書館情報 大学を前身とする と 第三 学 群 情報学 類 をもとに設置された 学 群で 情報 に関する文系 理系双方の領域を扱う
  • b 森文音 2010年 図書館 における 図書 の除籍について 愛知大学文学部 図書館情報学 専攻2009年度卒業論文要項. 2018年11月12日閲覧 上田 倉田 編 2017, p. 248. a b ビーカイブ 2016年11月10日 図書館 の除籍本とは? Amebaニュース
  • 図書館情報 大学の前身 への改組に伴い廃止された 筑波大学 図書館情報 専門 学 群および同大学院 図書館情報 メディア研究科の源流となる機関の一つである 1945年3月 図書館 講習所の一時閉鎖 1947年5月 帝国 図書館 附属 図書館 職員養成所設置 1947年8月 舟木重彦所長就任
  • は 日本の 図書館情報学 研究者 現在 皇學館大学文学部国文学科准教授 図書館情報学 現代文学が専門 1977年 茨城県生まれ 2000年3月 図書館情報 大学 図書館情報学 部 図書館情報学 科 現 筑波大学 情報学 群知識 情報 図書館 学 類 卒業 学士 図書館情報学 2003年3月 図書館情報 大学大学院 情報
  • 2003年9月24日 は 日本の化学者 図書館情報学 者 静岡県生まれ 東京大学理学部化学科卒 同大学院博士課程修了 1962年理学博士 東大理学部助教授ののち 図書館情報 大学教授となり 1991年副学長 1995年学長 2002年定年退官 名誉教授となる 物理有機化学から 図書館情報学 に転じた 有機反応論入門 サイエンス社

Users also searched:

...
...
...